For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

月のお小遣い制。

今日、娘と一緒に、近所のスーパーへ、夕飯の買い出しに出ました。

時折、そうなのですが、ガムなどのお菓子が付いた小さな玩具が売られているコーナーがあり、そこで。

欲しいものを見つけると、「お母さん、これ、買って。」と、せがみます。

でも、そう言われたからといって、私がハイハイと応じる。と娘にそう思われているのが、親として。
どうなのか?
と考え直して、欲しいなら、「お小遣いを貯めて買いなさい。」

と、言って今日は、突き放しました。

昨日。個人的にも、お世話になっているLITALICOさんで、一眼レフが欲しいから、と言って、1度だけだよ。で、お金を貸して、買ってあげてしまった。というような投稿があり、私も、返信を返しました。

が。

我が娘も、お金に無頓着なところがあるなあと、思いました。
きっと、発達障害の子の多くは、もともとそういう傾向にあるのでしょう。

だけど、いくら解らなくても、お金は天から降って湧いてくるものではないし、労力を使って、働くことをしてから、その見返りとして。
貰えるもの。

家に帰ってきてから、娘とリビングのダイニング・テーブルを挟んで、きちんと向き合ってから。
1対1の話合い。
今日から、月のお小遣い制にします。

それまでは、1回。お手伝いしたら、100円として、渡していました。しかし、本人の気分や、やる気に左右されるようで、手伝いを積極的にしないんですね。ならば、意味ないかな、と。

ただ、1つ。
約束です。

今日みたいに、すぐに飽きるような小さな玩具に、大事なお小遣いを、散財しないこと。

あれば、あるだけ。欲しいものがあれば、使ってしまう娘。

今、一番。本人が欲しいのは、4000円近くする妖怪ウォッチのおもちゃです。

月に与える額を、500円にするか、1000円にするか。
とても迷ったのですが、もう中学2年生。

後者のほうにしました。毎月10日、お小遣いの日です。

娘、本人は、理解出来ているのか、どうか。
微妙ですが、細かい一円、10円、100円の単位を、本人。
理解していて、貯金箱に、入っている金額が、幾ら入っているか。

解っていました。
・・なので、それも月のお小遣い制をやってみよう。と思ったきっかけです。
その欲しい妖怪ウォッチの玩具を、購入するのに、あと幾ら貯めれば良いか。

本人は、理解しています。引き算の数式を、書いてそれが、解けていますから。以前は、4桁の引き算は出来ませんでした。

学校の繰り返しの勉強のお蔭てす。

手始めに、Amazonで、通帳型のお小遣い帳を、買いました。

スヌーピーのです。
色も紺色で、目立つし。

スヌーピー / 通帳型 おこづかい帳 文具 46425 /Amazon

目標達成せずに、本人が、買えるからといって、使ってしまうかも知れませんし、何とも言えませんが、こうして、お金の大切さを、少しでも学んでくれたら。

親としては、嬉しいことです。

*CommentList

障害者駐車場、不正利用に罰金を/朝日新聞デジタルより。

障害者駐車場、不正利用に罰金を/朝日新聞デジタルより。

私は、この意見に、賛成です。

本当に困っている人は、いる筈だから、実際に車椅子を使用される方や、障害者がいない。というのに、ただ駐めている。
というのなら、日本でも、罰金制度を導入したら?

と思う。

実際に、こういう方、この国では多いよね。

罰金制度にしてないの、先進国では、日本くらいだよ。米国、北欧、などは、当たり前ってなくらいじゃない。

先日も、書いたけど、これは、人としての、個々のモラルの問題なのよ。
そのモラル。を捉える心が、多くの日本人は、意識が低すぎるんです。

多摩川でのBBQ問題とか、花火大会での場所取りや、ゴミ問題。

制限かけないと、きちんと出来ない。

外面ばっかり、良くしようと思うな。

そんなことより、自国のこと。きちんとやろうよ。

ちゃんと出来ないのだから、罰金制度。

私は、大いに賛成です。

実際に、停められなくて、困っている障害者は、多いですから、ね。


*CommentList

夏休みも、あと3週間

・・となりましたが、皆さんは、お子さんと、どう過ごされていますか?

子どもたちは、もう宿題は終わったのかな。

うちの娘は、数学や、国語などの宿題は、8月の初めで、全て終了させて、その後。絵日記も、渡された枚数では、足りなくて、用紙を、2~3枚。我が家のプリンターで、コピーして、描き、終えました。

毎日、の日記を付けるのと、一日。一回はお手伝いをして、手伝った日は、シールを貼って下さい。
という宿題が出ているので、今は、それだけをやっています。

出かける用事がない日は、朝、昼、晩。の食事を作るのが、大変ですが、昨日は、夕飯の後の食器洗いを、娘がやってくれました。
気分がのると、(笑)自ら進んでやってくれます。

お母さん、とても楽チン。

小学校の低学年の頃は、どうしても自分がしたいこと。が優先になっていて、お母さんの仕事を手伝う。といったことに、気がいってなかった娘。
でも、障害があっても、相手を思いやる気持ち。というのは、その子なりに、やはり育つのだと思います。

今週末に、眼科の定期健診を受けに行こうと、思ったのですが、お盆休みで、11日~17日までお休み。よって、休み前は、明日しかない。のだけど、休み前で、明日は、きっと激混み。

それでなくても、丁寧に診てくれる先生なので、市ではとても評判で、いつ。いっても、混んでるんです。週末は特に。
なので、休み明けの18日に行くか、21日に行くか、悩み中。
本当は、19日に行きたいけど、この日は、ディズニーシーに、行く予定なので、×。

とにかく。先生との約束で、夏休み中に、1度は、受診しにいかないと、駄目なのです。
何か、行くタイミングを、逃してるなあ。(><)

今日は、特に暑くて、エアコンなしでいられなかった。東京37℃。

断続的に、夕方と夜に、雨が降ったけれど、降り方が中途半端なので、逆に、蒸し暑さが増した感じ。

外と部屋の温度。は違うと思うので、部屋の温度を下げるなら、やはり大雨。

我が家が住んでるURの賃貸住宅。リビングルームに、一つ。どの階の部屋に、一つずつ。
付いてるの。

寝室にしている和室には、夏を見越して、早々に、エアコンを設置しました。
娘が、昨日、今日。

寝るのに、寝苦しいといって、エアコンを付けて寝ています。

付けていないと、確かに寝られない程の、湿度の高さかな。
今年は、湿度は、ホント高めです。


娘のために遊園地を建てた米男性 総工費56億円/BBC NEWS japanより。

娘のために遊園地を建てた米男性 総工費56億円/BBC NEWS japanより。

このお話のニュース。

何だか、とても素敵。
お父さんの娘さんへの深い愛情が、原動力になっているのね。

財力があるから、出来た事だと思うけれど、出資者がいないと成り立っていない。
それは、親御さんの熱意と努力。

少し見た目や挙動不審に見えるような子が、(障害があるからなのに。)プールに入ると、プールに入っていた子たちが、そそくさとプールから出る。

というようなことは、世界どこでも同じように、あるのだなと思う。

でも、この男性が言うように、触れあえる機会さえあれば、健常者も、障害者も、解り合える。
というのは、本当だね。

障害者、その親も含めて、こういう社会というか、世界を、多くの人は、みんな望んでいる。
洟から見た目で人を判断せず、普通に接してくれることを、してくれれば良い。

ただ、それだけ。

今日、スマートニュースに記事のリンクが貼られていて、どこだったか。
探すのに、手間取ったけれど、書けて(話題を。)本当に良かった。


それぐらい。
多くの人に、読んで欲しかったのです。


世の中、悪くない。って、思えるよね。(^-^)
解ってくれる人は、絶対。いるの。

*CommentList

国立科学博物館 「深海」

藝術大学の美術館に行ったあと、まだ時間があったので、国立科学博物館へ。

コンサートで貰った1DAYパスポートが使えると思ったら、引き換えに貰ったパンフレットの中に、科学博物館の割引券を使って下さいとのこと。(これは、藝大の美術館で、使ったよ。)

都の療育手帳があるので、本当は使わなくても入れる。
のですが、せっかく貰っているからね。今回は、敢えて使わせて貰った。

20170806_17.jpg

なんで、国立科学博物館だけ別なのよ。

割引券は、これ。↓

20170807_3.jpg

あまりの混雑に、入場に時間に制限をかけ、整理券まで配ってました。

娘に、また後日にしよう。
といったら、せっかくここまで来たのに、帰るの?

というので、使いたくなかったけど、療育手帳で入りました。
(手帳だと並ばなくて良いのです。)

手荷物を、入り口のコインロッカーに預け、館内に入ったら、人の多さに、閉口。

「深海」は特別展なので、基本。撮影は禁止です。
エスカレーターを降りたところに、撮影禁止のマークが、大きく掲示されているにも、関わらず。

スマートフォンのカメラで、写真を撮る、撮る。

いくら工作や自由研究の為?といっても、禁止されているのに、撮るのは、鑑賞するのに、マナー&ルール違反だよ。
ここで撮った写真を、ご自身のSNSでUPしたりするのは、法に触れるんじゃ?なかったかな。

娘と館内を回りながら、撮っている人の多さに、気にしてなくても、カシャ、カシャ。音がするので、自然に目がいく。
撮っている親を、子が見ると、撮って良いんだね。と子が思う。

それが、今後も、ずっと連鎖していく。
一人、一人のモラルの意識に繋がっていくのよ。親であるならば、写真を撮っていいのか。くらい自身で、確認しようよ。

親として、というより、一人の人間として。どうか?と値する行為だと私は思いますが、多くの日本の方は、モラルが欠如している方が、多い。ということでしょう。


しんかい6500が、展示されていて、娘にとっては、これが憧れだったようで、実物を観られて、大興奮。
有人で、ここまで深海に入れるのは、確かに凄い!

他には、深海に棲んでいる魚の標本や、ダイオウイカの標本があったり、魚が好きな子どもたちにとっては、刺激があるのでは。

10月初旬まで、展示中なので、夏休みが明けた9月中旬とか、時間があったら、また。ゆっくり観に行こうかな。

夏休み。だから、何でも、して良い。
決して、そんな事は、ない。と、思うな。


追伸/

後で国立科学博物館のサイトを確認したら、どうやら一部の展示を除いて。
撮影はOKのようですね。入り口に、カメラ×のマークがあった気がしたけれど、
私の勘違いだったみたい。
間違ったことを書いてしまい、申し訳ありませんでした。

*CommentList

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ