2014_06
17
(Tue)22:41

父性はどこに?

父が部屋の戸に粘着テープ、監禁2年 厚木5歳致死容疑 /朝日新聞デジタルより。

報道が最初にあった時から、色々と供述で解ってきたことがあり、上記は、最近の報道です。

それによると、理玖くんが死亡したのは、2006年10月頃。
母親が出て行って、父子二人暮らしになったのが、2004。

約2年で、理玖くんは、命尽きたことになるんだそうですが、読めば読むほど、実状を知れば知るほど、怒りに震える。
世間が許すなら、私が容疑者を殺めに行くよ。(言い方が悪いけれど。)

家に帰宅するのが、週に4~5度が、他に交際相手が出来てからは、週に1.2度になり、自分の足で歩けなくなる、食べ物の袋を自分の手で、開ける力もなくなって、弱っていく。

自分の息子を見るのが、怖くなって帰らず、そのまま7年も放置。

見つからなかったら、まだその後もそのままになっていた可能性、おおいにありましたよね。

保育園や幼稚園には、当然、入れられていないので、発達は自然に遅れ、言葉は、「パパ」、「ごはん」くらいしか出ていなかったそう。トイレは使えない、だからおむつ。

箸は持てない、スプーン、フォークの使い方は、教わっていないから知らない。

ゴミが膝まで溜まった部屋。
そして電気を止められた暗い室内で、お父さんの帰りをひたすら待ち続けた、5歳の男の子。

食べ物を置いて、交際相手のところへ戻る父親を、か細くなった声で、「パパ」。と、言った理玖くんの、思いを考えると、
涙が出ます。

どんなにか、後を追いたかっただろう、「パパ、行かないで!」と言いたかっただろう、ね。

・・普通に考えてみて下さいよ。

家を出るとき、「パパ。」「ママ。」と、可愛い声を出して、駆け寄ってくる子供の手を、ふりほどけますか?

思いきり抱きしめてあげるだけの、父性や母性がない。なんて、私にはどうしても理解が出来そうにありません。

子供の小さな命を、まるでもののように扱い、僅か数年で破棄。

育児を放棄し、何の罪の意識も持たず、新たなパートナーと別のところで生活。するんなんて、親としてあるべき姿?
な訳ないですよね。

こうなると解っていたら、もっと違う対処が出来たんじゃないの?
と、思ってしまう、事件です。きっとどこがで救うタイミングがあったんじゃないかって。

親にこんな酷い仕打ちをされて、理玖くんは、安らかに天国へ行けるのかな。

次に生まれ変わって、来世では、優しいお父さんとお母さんの、もとに生まれて来られると良いです。
今度は、沢山、抱きしめて貰えると良いね。

私はそう信じている。


頑張っているね、の応援するという意味で応援ポチッして頂けると、幸いです。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

No title

振りほどける人がいることに驚きですよね。。。
ホント、世の中。。。

2014/06/17 (Tue) 23:40 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: どうやったら・・。

HANG ZEROさま、こんばんは!!

> 振りほどける人がいることに驚きですよね。。。
> ホント、世の中。。。

いつも本当にありがとうございます。

どうやったら、そういう心理になれるんでしょうね。
いつ、どこで離れてもいても、子供のことって、気になりますよね。

そういう心理にならない、なれない。

・・うーん。子供が邪魔に、必要なくなるんですかね、自分にとって。
もしくは、親にそう教えられたか、そういう環境で育ったか?

・・なのかな。人間育成には、幼少期って重要って言いますもんね。

2014/06/18 (Wed) 00:19 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック