2014_06
10
(Tue)23:01

問題児童らを隔離、「特別教室」で指導へ 大阪市教委案

問題児童らを隔離、「特別教室」で指導へ 大阪市教委案 /朝日新聞デジタル

これって、反って問題行動を起こす児童が増え、助長に繋がることもあるんじゃない?

こんな風に、隔離病棟ならぬ、別に囲むようにしなくても、本来。いなければいけないクラスとの行き来くらいは、しても良いような気もします。

確かに、橋下市長の言うとおり、真面目にやっている児童にとっては、問題行動を起こしてしまう児童の行為は、迷惑かも知れません。
だけれど、子供たちは、本当にそうしたくて、その行動をとっているのでしょうか。

家庭環境が良くない、父母の仲が悪いなど何か、複雑な事情があり、精神的に不安定になっているとか。
そういった事が原因で、暴力的に走っている。などあるんじゃないですかね。(荒れている理由に。)

こういう子供たちに対して、「特別教室。」という事で指導する。

ということなんですかね。

昔は、こんな風に隔離なんてしなくても、先生とその子の家庭との間で、解決出来たことが多かったと思います。

学校の校長先生でも手に負えず、こうして行政が力を貸さないと、問題児童が減らない。
という事が、問題なのではなかろうか。

先生たちの指導力と、親たちの育児能力が、落ちているんだと思います。
私が、子供の頃だった40年ほど前には、こういう事態は、考えられなかったことだなあ。

先生は先生、親は親。子供として、彼らは世間を知る大人たち。として、深く認知はしてたし、敬う。
ということは、なんだかんだ言って、反抗していても、出来ていたよ。

それに、少なくとも、別に教室を作らないといけない。というくらい、そういう子はいなかったもん。いても、学年に1人~3人くらい。
今は、それ以上。多くいるってこと?

ナイフとか包丁とか、家から持ち出してくる子なんているの?
やくざじゃないんだから。(苦笑)

そもそも、そういう子は、学校に来ず、渋谷や原宿などで、朝から夜までたむろしているとか、そういうんじゃないですか。

賛否両論というか、世間からの反発が起こるような事では、あるね。この問題。


頑張っているね、の応援するという意味で応援ポチッして頂けると、幸いです。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

No title

そうはいっても。。。
あまりにひどいのは。。。
やっぱり、何かしらの対処は。。。ですね。
対処法は別にして。。。
一つの方法ではあると。。。
思うんですけどね。
というか、悪いことをしたことに対して寛容すぎた今までが招いた結果だと思うんですけどね。。。

2014/06/10 (Tue) 23:45 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 解らなくはないんです。

> そうはいっても。。。
> あまりにひどいのは。。。
> やっぱり、何かしらの対処は。。。ですね。
> 対処法は別にして。。。
> 一つの方法ではあると。。。
> 思うんですけどね。
> というか、悪いことをしたことに対して寛容すぎた今までが招いた結果だと思うんですけどね。。。

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にありがとうございます。
寝る前の返信です。


解らなくはないんですけどね。
でも、離したところで、解決するような問題には、思えないんです。

私には、どうしても。

腫れ物に触るじゃないですけど、別にする。

というのは、子供たちにとっては、敏感の子供たちは、それに反応すると思うんですよね。

俺らは違う!のかみたいな。
で、余計に反抗しないかな。


月に一度、何週間に一度でも良いので、普通にいたら、ここに、いる。という身を持っての体験は、こういう子たちにとって、やっぱり。

必要なことだと思います。


悪い事をしてしまう。ということが何故、いけないのか。
判断能力に欠ける子供たちが非行に走っている気もするし、かといって、本当に、理解出来ない発達障害の子供たちなのか、対象が解らないですよね。

ここで橋下さんが、言ってるのって、健常児対象?なんんですかね。

2014/06/11 (Wed) 00:19 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック