2014_04
21
(Mon)23:33

今年度、初の個人面談。

今日は、娘の学校で、担任の先生との個人面談があったので、行ってきました。

小学5年生になってからは、今年度は初めての面談。

先日の、「学校への電話」から始まって、公共機関を使っての一人通学。まで、みっちり40分くらいかなあ、担任の先生と話したのだけれど、良い先生です。

教室も先生のアイディアなのか、その日、一日の予定をホワイトボードに書き、
そのボードの手前に、机を置いて、そこに、子供たちの顔写真入りのマグネットと一緒に、バスに乗るか、乗らないか。

欠席かそうでないか。本サイズの小さいボードが置かれていました。(それを書いていたのは、先生によると我が娘でした。どっかで見たことあるなあと思ったら、今日のバス乗らない、お迎え、欠席の×。娘が駆って出てやっているようです。)

これが凄く解りやすくて、視覚的に入りやすい子たちだから、凄く良い!と思いました。



娘のクラスは、6人クラスで、先生が一人。

支援学校は、学年が上に上がれば上がるほど、加配の先生の数が、減っていきます。
まだまだ学校生活に、不慣れな低学年の子供たちに、やはり先生が多く付きます。

まあ、これは納得。

ただ、部屋から逃走するなど、多動、衝動が多い子がいるクラスには、担任の先生が二人。配属されています。

基本、1クラスに先生が1.2人。生徒が6人が上限。

昨年度まで6年生を担当されていた、セーラームーン世代の女の先生。(笑)

見た目の可愛さより、しっかりした目をお持ちでした。

安心して任せていられるなと思います。
一年間の目標を、一人一人に上げさせて、それを紙に書かせたものを、それぞれの各自のロッカーの扉に、大きく貼り、いつも子供の目に入るよう、して下さっていたり。

子供たちのやる気を出させるような、声かけや支援の仕方が上手な先生という印象です。

これから一年間。

娘がどう成長していくか、楽しみでもありますが、先生との信頼関係を、親も娘も築くこと。
がその鍵になると思います。



頑張っているね、の応援するという意味で応援ポチッして頂けると、大変、嬉しく思います。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

No title

緊張と楽しみが混在する第一回目ですよね。
今日は、基礎学級の懇談会に行ってきました。
ま、楽しみに変わったかなぁ。。。って感じですよ。

2014/04/22 (Tue) 21:24 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 最初が肝心ですよね。(^-^)

HANG ZEROさま、こんばんは!!

いつも本当にありがとうございます。

> 緊張と楽しみが混在する第一回目ですよね。
> 今日は、基礎学級の懇談会に行ってきました。
> ま、楽しみに変わったかなぁ。。。って感じですよ。

先生と親御さんたちは、良い方たちだったのかな?
良かったですね。v-410

そう聞いて、私も嬉しいです。*(^-^)*

年度初めは、ほんと最初が肝心ですよね。

2014/04/22 (Tue) 23:15 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック