2012_05
12
(Sat)23:59

第14回、国際バラとガーデニングショー

埼玉は、西武ドームで開催中の「第14回、国際バラとガーデニングショー」に行ってきました。過去2回ほど行ったことかありますが、うち一度は、娘が歩き出して間もない頃。

よちよち歩きで、ようやくストローで飲み物が飲めるようになった娘。会場のあちこちで、可愛い♪と声をかけて貰っていたのを良く憶えています。

バラが好きな方は、一度は名を聞き、来てみたい。と思うイベントだと思います。

ガーデニング・デザイナーの方達が、一角のスペースに、仮の庭を造って、そこにバラや草花を植え、一つの家にある庭。を提案する。

という主旨のイベントです。ですので、バラや草花の即売もあります。

今回、Cath kidstonさんが出展していて、明日13日。会場でご本人が、会場の庭を今回造ったマーク・チャプマンさんとトークショーに出演されます。どうやら、来日、されるようですね。

kokusaicas.jpg

イギリス北西部のコッツウォルズの自宅(別荘だったと思います)にある、庭を再現したということですが、本当に素敵な庭でした。これ、日本だとかなりの土地がないと出来ないと思います。

日本は、庭といっても、猫の額じゃないけど、そんなに広くないですよね。そこに、バラを植えたり、バーコラにつるバラを絡ませたり、煉瓦で小道を作ったり、なんてことなかなか出来ないでしょう。
だからこそ、こんなに何年も、毎年続いているイベントなんじゃないかな。

kokusaiberubara.jpg

↑ベルサイユの薔薇。です。
そう、宝塚歌劇団の演目で、有名な池田理代子さん原作の漫画。それをイメージしたバラ。

バラの種苗会社、メイアンインターナショナル株式会社の社長さんが、(アラン・メイアン氏)今回の為に作ったそうです。綺麗ですよね。このバラも、実際に、即売されていました。京成バラ園さんで、その日の数本限定で。

DSC02674.jpg

↑この写真。娘が撮った一枚です。
あまりにも「私も撮りたーい!撮らせて~!」というので、カメラを渡したら、これです。(^^;

あじさいにピントを合わせて撮ったんだと解ります。我が子ながら、撮るの上手くなったなあと思いました。前は、何を撮ってるか解らないことも多かったですからね。

kokusaibaraqeen.jpg


最後に一枚。私が大好きなイングリッシュ・ローズ。"クウィーン・オブ・スゥェーデン"という名前のバラです。観ているだけで、うっとりと癒やされます。
一日、バラを観ていても飽きないよ。笑。
鉢植え部門とかあったけど、良く鉢植えでここまで、大きく咲かせることが出来ると思う。バラは、育てるの難しいもの。地植えのほうが、まだ手入れも含めて、育てるのは楽だよ。

久々に行ったら、本当にまたバラを育ててみたくなりました。

19日の土曜日まで開催されています。興味のある方は是非行ってみて下さい。

頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック