2012_02
16
(Thu)23:59

表現者であって欲しい。

歌手、俳優、タレント、アナウンサー、バレエダンサーなど、人に多くのものを伝える立場にいる彼らは、ある意味、表現者。

自分の思いや、こうありたいと心の底から、表現し、それをメッセージとして伝える。
本当に、選ばれた人達だけがなれる職業だ。

私にもそんな才能があったら、絶対、それを活かしてた。

娘には、そうなって欲しいとは思わないけど、自分の考えや思いを表現する術は、心得て欲しいと思っています。

障害があるけど、その障害の事を周囲の人達に理解して貰う為には、言葉で上手く伝える事が出来ない代わりに、
得意なこと。「絵を描く事。身体を使った身振りや手振りのジェスチャーや表情で伝える事。」で伝えて欲しい。

伝達する方法に、得意な事を使って欲しいという事です。娘も表現者になってと。
その方法を知ってる、心得手るのとでは、全く大きく違う。

それに、障害のあるなしに関わらず、自分の思いを形にして表現出来る。という事は、人生に於いて、大事な事だと思います。

欧米諸国に比べると日本は、そういう意味では遅れていて、どちらかと言えば、集団の中に馴染むように、突飛な事はせず周りに合わせて。
ということが重視されますよね。

確かに合わせる場面で、それが出来なかったらまずいとは思うけど、自分の意見をきちんと言える。
私は私、僕は僕。と自分を客観視し、それを相手に「こういう私です。」と言えるのは、悪い事じゃない。

むしろ個性を伝える事が出来るから、プラスになるんじゃないか? と思うけどな。

周りに合わせる事も大事だけど、そればかりに執着して、自分を見失わないで欲しい。
だからそういう意味でも、娘にとっては、"PDD 広汎性発達障害"も、個性。

普通だったら、健常児だったら? そう脳裏に浮かんだ事、何度もあるけれど、今の娘から広汎性発達障害をなくしてしまったら、
娘の人なつこさや、彼女らしさは、なくなるだろうな。

ハンディを抱えるからこそ、娘は娘なのよね。

表現者。
実に奥の深い言葉です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック