2012_04
29
(Sun)23:59

基本は挨拶

私が娘と接していて、一つだけ口うるさく言うことがある。

それは挨拶。

家の中でも、外でも、朝、起きたらまず親に、おはよう。もしくはおはようございます。
人に会ったら、こんにちは。何か貰ったり、親切にして貰ったら、ありがとうございました。

お友達と道で会って、話をして別れる時には、バイバイではなく、さようなら。
と、そう言って欲しい。

といっても、子供同士ですから、"バイバイ"になっちゃうんだよね。

寝るときも、娘には必ず、「おやすみなさい。」と言わせてる。

いずれのシチュエーションでも、娘が自分で言うまで、何度でも注意します。

何故、ここまでうるさく言うか?というと、就労した時に、挨拶が出来ていないと本人が困るだろうからね。

娘の学校の卒業生でも、就職したスーパーで、きちんとお客さんにそう言って働いていたし、それが出来てこそ、一人前なのだと思う。

「障害児だから。」そう言って括りつけてしまうと、挨拶。という基本的な概念が、崩れてしまう。
学校でもちゃんと、教わっているし。

娘には、"言いたくない、言わない。"は、理由にしないでね。といつも言っています。

100%理解してるようで、してない気がするけど、「ちーちゃん、ちゃんとありがとうございました。って言ったよ、ママ。偉い?」と私に、この頃、"褒めること"を要求し、頑張った事を親に確認。しようとします。

いちいち私に確認を求めるのは、・・まだまだ、そうすることの重要性を、娘は解っていない。という事だな。

写真。サムネイル表示です。(大きく見たい場合は、画像を1クリックして見て下さい。)

DSC02607.jpg


これからが見頃です。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック