2013_10
28
(Mon)23:21

悪い事は悪いと、障害者でも教えなくては。

一昨日、書いていてふと思ったこと。

みのさんの息子さんは、健常者だけど、それでも社会的悪事をはたらき逮捕された。

大学を出て、きちんと就職し、自分の足で生活を成り立たせていたのに。

悪いことは、悪い。

という判断は、付けられるくらいの知識は、学校と親から教育を受けた筈だ。

しかしこれって、きっと。

障害者でも同じ事だよね。

人のものを盗ってしまう、相手を殴る、刺す。なじる、手が出る、等。

悪事に、健常だから、障害だからと良いも悪いもないのだもの。

障害者の障害特性故の事で、出てしまう行為も、そのせいだから。(障害の)
と、そのまま放置せず、やはりきちんと注意し、「いけない、悪い事だよ。」

そう諭して、解らない子には、根気よく手や足を取って、教える。

そうしなくちゃ、いけない。じゃないと、覚えない・・と思う。


みのさんが言っていた、親の責任。

ということは、こういう事を言うのだろうとも思う。


障害者相手だと、これが容易じゃない事は、障害を持つ親たちなら、誰もが感じ得ていることだよね。

今朝、テレビで流れていた「みのさんの会見」を観て、真剣に、"親の持つ責任"について、真剣に考えてしまいました。(一昨日は文書だけで書いていたからね。映像は今朝が初めて。)



最後まで、お読み頂き誠にありがとうございました。

読み逃げ!? されても良いので、出来れば、ポチッ!だけでも嬉しいです、宜しければ。
で、構わないので、応援、宜しくお願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

何度も何度も言い聞かせて。。。
子育ては、健常も障害も。。。
関係ない気がします。。。

2013/10/29 (Tue) 22:44 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: ホント、そうですよね。

HANG ZERO様、こんばんは!
いつも本当にありがとうございます。

> 何度も何度も言い聞かせて。。。
> 子育ては、健常も障害も。。。
> 関係ない気がします。。。

本当にそうですね。(^-^)

大変さも? かな。

2013/10/29 (Tue) 22:56 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック