2013_08
09
(Fri)23:54

絵画教室での娘。

今日は、こちら関東も猛烈な暑さでした。

うちの和室の部屋だけで、日中36℃もあり、入っただけで一瞬、クラッと。

こんな猛暑の日が、あと2.3日は続くようですね。

熱中症と夏バテには要注意。

では、本題に入ります。 
前置きが長いのは、いつもの私ということで・・。(^-^*)

一昨日の絵画教室。

昨日、書いた一週間の予定。というスレッドに、看板を描く。
とありました。

そう、実際に、皆で下絵(有機野菜のお店の)を描き、色を塗って、完成。
最後は先生が上からニスを塗るとおっしゃってました。

その教室。

先々週から、幼稚園組に新しい子供たちが、また二人ほど入って、その子たちが、まあ、元気~!!なこと。

娘は、歳は9歳ですが、知的レベルは彼らに近いものが、ありますから、どうやら話が合うようなんです。

「ちーちゃん、この頃、Hくんと仲が良いですよ。」と、小3の女の子を持つ、仲の良いママさんから聞き、半信半疑でした。

ところが、うーん。

やっぱり強ち、嘘じゃないかも。

ちびっこグループのリーダー!? 笑。だったよ。(^^;)

まあ、これは予め予想してた事だから、驚きはしないのですが、感心したのは、相手が小さい子でも、きちんとコミニュケーションが取れるようになってきているという事。

と共に、その小さい子を労れる、というか労る気持ちを持ち、接するようになってきたことの二点。

特に後者なんて、僅か数年前まで、本人の頭の中にある引き出しには、絶対ない行動だったもんね。いつも自分が最優先のような子だったのに。

こうして実際に、小さい子と触れあう事で、少しずつ覚えていったのだろう。それと、教室の中学生のお兄ちゃんやお姉ちゃん、同世代の子たちが、自然と小さな子たちと遊んだりするのを見て、真似しているうちに、培ったのかな。

娘が、赤ちゃんをあやしたり、遊んであげたりしてる・・なんて姿、想像すらしなかったよ。

先ず、「敬う。」とか「労る。」といった、自分の思いやりから出る行動は、本人には、かなり高度な事だろうなと思ってましたからねぇ。

それが出来ちゃってるんだから、ちーちゃん、ホント凄いね。ハンディに負けてないよ。

教室のみんなといる時は、娘は、本当に楽しそうです。

既に学校とかもそうですが、私の知らない顔の娘が、もうここにいるって事を表しているのですよね。

障害があっても、自分の世界を築くことが出来ると証明して、みせてくれた娘。

これからも、そうして、娘も、自分の為の世界を作っていくのだろうな。


最後まで、お読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

自分より弱い子を。。。
ひょっとすると、共通かも。。。
割りと、そういう子が多いようですよね。
他人に興味というより、ほんとに損得なく。。。

2013/08/10 (Sat) 00:08 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 本人の中には・・。

HANG ZEROさま、こんばんは!!

いつもありがとうございます。

> 自分より弱い子を。。。
> ひょっとすると、共通かも。。。
> 割りと、そういう子が多いようですよね。
> 他人に興味というより、ほんとに損得なく。。。

本人の中では、垣根がないのでしょうね。
壁がある。とそう考えているのは、実は大人だけなのかも知れません。(^^)

2013/08/10 (Sat) 22:39 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック