For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

それでも前を向く。

あまりに暑くて、寝付けない!

ので、気分転換にと思いを、少し書いてみることにしました。

ここ最近、娘の障害について書くことはないですね。
書かないのは、特にトピックにするような事がないから、というのが大きいです。

でも、娘には「障害」がある。という事を感じる瞬間は、日々あります。
毎週木曜日に通っている絵画教室、副籍で交流のある地域小学校、休日に家族で外出した先でなどなど。

その瞬間は、無限に沢山ある訳です。

実年齢よりも、知能が幼い事も、娘が一生、背負っていかなければいけない事実ですし、本人がいずれその事を理解する? 事が出来る。親はそう信じていたいけれど、現実。

それが娘に出来る! と断言出来ない状況だというのが、正直なところ。

だけど、それでも生きている限り、前に進まなくちゃいけない。

日々、こういう子を相手しながら、育児してると時間に流されているまま? と感じるでしょう?
でも、よくよく立ち止まってみるとそうじゃない。

って気がつく。

ゆっくりペースでも子は成長しているし、新しい発見がある。

未だに、定型の子たちと、ふと比較している自分に気がついて、何となく気分が落ち込んでいる自分。に愕然とすることがあるけれど、私は娘の「生きる力」を信じている。ので、何があっても動じない。

自分でいよう! と決めてます。
だって、娘にとっては、一人しかいない母と父ですもん。
子に生きる背中を見せられるのは、自分が生きている、生きた証。にそのままなるもの。

娘を授かる前は、細かい些細な小さな事を、気にして落ち込んでた私です。でも、娘のお陰で、「まあ、いっかー。」笑。と思える事も多くなりました。これは、PDDの娘のお陰かも。(^0^)

泣きたいときも、叫びたい時も、苦しい時も、笑いたい時も、嬉しいときも、家族がいれば。
大抵のことは、「大したことないじゃん!」って、笑って乗り越えられるものだと、思ってます。

だから、みんな、明るく育児しよう!

障害がある、障害者を養育している。ということは、別に恥ずかしい事でも、何でもないのだからね。

・・ああ、書いているうちにだんだんヒートアップ!してこんな時間になってしまいました。
言いたいこと書いてすっきりしたけど、読んでて不快になられた方、いらっしゃったらごめんなさい。お詫びします。

・・・お休みなさい。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

 

障害があること、それはそれで。
毎日、楽しいことを一緒に積み重ねることができればいいかなと。。。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2013.07/12 19:57分 
  • [Edit]

Re: 本人の中での支えと想い出になれば・・。 

> 障害があること、それはそれで。
> 毎日、楽しいことを一緒に積み重ねることができればいいかなと。。。

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつもありがとうございます。

そうですよね。v-410>
そして、その積み重ねが、本人の中で、自分を支える力になって、
そして想い出になってくれたら良いですね。

それが生きる力になるだろう。から。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2013.07/12 22:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ