2013_03
19
(Tue)00:35

そうだね、綺麗だね。

今夜、放送のあった世界選手権のエキシビション。

娘と一緒に、夕飯を食べながら観ました。


娘は、「上手だね、綺麗だね!」と言って、全く邪気のない声で言います。

これ、スケーターにとって一番、嬉しい言葉じゃないかな。

自分の演技を観て、そうなりたいと思う、子供たちがいること。


こんな風に、何故、大人達は、素直に「綺麗だね。」と言えないのでしょう。
そう自分が言えない、ことのほうが問題では?

簡単には自身の感受性が反応しなくなった。って事ですね。

フィギュアを知ろうと思って、専門用語を知るのは、悪いことではないと思うけれど、私は敢えて。それをしていません。

何故なら、純粋にフィギュア・スケートを楽しめなくなるから。

エキジビションでも、いちいち、これはルッツだ、トリプルだ、回転不足だ。なんてその選手が滑る難点やミスしたとこを、指摘、するようになる。

自然に目が行くようになるよ。


そんなの、私は嫌だ。

美しいものは、美しい。のままでそれでいいじゃないですか。

純粋に私は楽しみたい。

巷では、キム・ヨナさんとP・チャンさんの演技の点数が、不透明?だとか、また日本のファンの人たちが、声を上げているそうですが、例えそうであったとしても、本人たちの思うところと違うところで、騒ぐ。

のは、小門違いではないでしょうか?

これでは選手達が、心を痛めることに繋がりませんか?

当の本人達を差し置いて、ファン達だけが騒いでいて、普通じゃないよ。

本人たちは、そんな風に思ってないと思う。

キム・ヨナさんも、P・チャンさんも、ライバルと必要以上に、もう比較しないで欲しい、控えて欲しい。と言ってます。
本人たちの目に、止まること。
あり得ますよね。ひょっとしたら、もう目に留まってるかも。

モラルとマナー、を守って自身のブログに、書いて下さい。
それを超越して書いている人、多いと思います。

素直に楽しめない、楽しもうとしないなら、映像は観ないで下さい。
折り触れ、目にして読むほうは、ウンザリします。


選手の皆さんは、一人一人。それぞれに頑張っているのだから、その頑張る姿に、いちいちひとこと。コメントをつけるの、辞めてあげて欲しい。その選手の心うちを配慮した上で、書き込みしてあげて下さいな。

何か、批判的コメント、来そうだね。でも書くよ。だって、みんな酷すぎるもん。

でも、私が広汎性発達障害で参加。しているにほんブログ村のスケートカテゴリー。
とにかく、酷いものが多すぎる。言いたい放題です。

まるで選手の事は、脳裏になく、自分の意見、一直線なものが多数。
そんなに、審判員がつける点数が、不満なら自分でジャッジの資格を取得して、点数つければ、いい。

そうすれば、一気に解決?するのでは?

興味を持たれた方、一度行ってみると、その惨状が解ります。

少なくとも当事者の選手達がみたら、嘆き悲しむブログ多数。
スケート、カテゴリーで検索すれば、あっという間に多数、出ます。

こんな馬鹿しい、不毛なこと、ファンが言っているの、世界中どこを探しても日本だけ?じゃないのかな。
本当に幼稚だと思う。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック