2013_03
18
(Mon)23:06

吃音のある青年、アメアイ・シーズン12

吃音のある青年、ラザロ・アルポス

現在、本国、アメリカで放送中の「アメリカン・アイドル シーズン12」。

(日本では、毎週の土曜、日曜の夜9:00から、cs放送のFOXで放送中。)

この番組。日本放送が始まったのは、確か3~5のどれかからだったと思う。サイモン・コーウェルさんが審査員を務めてる頃から、毎年観ているけれど、年々。

ハンディキャップがある人の、オーディション参加が増えています。

そんな中、上記にあげた青年。

生まれつき、吃音という障害があり、人前では上手く喋れません。だけど、マイクを持ち、歌を歌い出すと、不思議とその時だけ、吃音障害が出なくなるのです。

回を重ねる毎に、彼の歌唱力が増し、存在感が出てきているように思う。

昨日の放送で、彼は見事、Top 10の中の一人に、視聴者投票で選ばれました。(おめでとう!!)

これは全米の人たちが、障害に関係なく、彼を受け入れた証拠。

彼が選ばれた瞬間、私も思わず泣いてしまいました。
やっぱり、アメリカって凄いね。

頑張っている人を無条件に受け入れる。

こういうの、日本だったら、まず真っ先にいじめの対象になるよな。どちらかと言えば、封鎖的だもの、日本って。

何かきっかけがあれば、受け入れる? っていうところもあるけど、基本、右へ習えで、皆がみんな同じ方向を向いていて、一人でも違う方を見ていると、もうその時点で外れてしまう。

みたいなのがある。

そりゃあ、今でこそ、少しはまともに?
ハンディキャップを受け入れる社会には、なりつつあるとは思うけれど、欧米諸国ほどまだ理解は進んでいないと思う。
見た目、言動のおかしな子を連れて歩けば、白い目で見られたり、あからさまに「あっち行け!」という人がいたり。

本当に、生きにくい社会だと思います。

「この子、良いね!」と純粋に票を入れる国って、本当に羨ましい。

日本だったら、何人かはいるだろうけど、票として成立するほど、入れてくれる人はいないだろうな。

アメリカン・アイドル シーズン12


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック