For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

中3の孫、殺害容疑で同居、祖父逮捕。

中3の孫、殺害容疑で同居祖父逮捕。

この事件。

解せないですね。

でも、この殺害されたお孫さんとの間に、何かいざこざやわだかまりが、あった事は確か。

殺し方が、少し執拗だから。

寝ているところを、紐で首を絞めて殺したところに、また包丁で胸や首を刺している。ってことだから、よほど何か恨みのようなものを、孫に感じていたのでしょうね。

それと気になったのは、この孫の少年。

特別支援学校の生徒さんだそう。

イライラして八つ当たりする(お母さんとこの祖父に。)こともあり、祖父との関係はあまり上手くいってなかったとか。

何かの障害があり、知的障害を伴っている少年だったのだろうけど、時折、話がかみ合わなかったりするところがあるのは、こういう障害。なんだから致し方ない。と思って、家族は対応してあげる。

というのが、家族として出来るだけやってあげるのが、責任? という気がします。

障害を抱える子が、家族の中にいる場合、きょうだい、親、祖父母と対、自分。という関係性が、上手くいっている。

というケースは、一般的に言っても、そう多くはないようですね。

なかなか、家族の中に理解して貰えない(障害を)人がいて、ことある毎に、あれやこれやとうるさく言われるとか、障害は、手術でもすれば治るとか。

そんな風に、無理解のもと簡単に言ってしまう、家族。

こういう事を言うのは、祖父母の方達には意外と多いらしい。

うちの夫の父だって、未だに、たまに娘の障害の事を"知恵遅れ。"って言うもの。苦笑。
こんな言い方、今はしないよね。

彼らの時代には、少し違ってマイノリティーな人たちがいる。というのが、遠くから来た移民のような、自分たちとはまるで違う生き物のように見えていたのだろうから、違うってことが、どうしても納得出来ないのでしょうね。


今回の事件も、そういった偏見に満ちたもの。が動機の中に、見え隠れしているように見える。

しかし、こういう風に、「特別支援学校」って出ると、また特別支援学校のイメージが悪くなるなあ。
ただでさえ、支援学校は選択肢にない。とか言われる代表格なのに。


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ