2013_01
28
(Mon)23:59

アメリカン・アイドルシーズン12

FOX アメリカン・アイドル シーズン12

1/26日の土曜日から、日本でも放送が始まりました。

本国、アメリカとは、約10日遅れの放送です。(米国では1/16日放送開始)

今回の審査員に、歌手のマライア・キャリーさんが加わっていて、私はそれだけで嬉しい♪
彼女のハスキーがかった声と5オクターブ高い声が出るという、声が大好きなんです。

ipodに彼女のアルバム、入れて良く聴いてますが、BOYZ Ⅱ MENとのデュエット曲、「One sweet day」なんて、女性パート。

彼女にしか歌えない。その証拠に、BOYZ Ⅱ MENのライブでは、彼らは他の女性歌手を起用して、ライブではこの曲は歌わない。

マライアにしか歌えないからね。

そのアメリカン・アイドル シーズン12。

同じ審査員に抜擢されたニッキー・ミナージュと、そりが合わず、大喧嘩。したりと何かと話題を振りまいている、マライアとこの番組。

先シーズンの11も、ちらちらと見たけど、年々、デビューした後、実績を残せる優勝者の方がいなくなってる気がします。

今でもきちんと実績を残しているのは、ケリー・クラークソンとキャリー・アンダーウッドくらい。

昨年のグラミーで、ジェニファー・ハドソンが、映画で共演したホイットニー・ヒューストンの歌を歌ってましたが、優勝をしても、その後がもっと大事。

歌が上手くても、CDが売れないと、"優勝者"という三文字は消える。

歴代優勝者リスト。

話、少し逸れましたが、私が贔屓にしているマライア。

オーディションを受けに来た応募者に、さすがはプロの歌い手。という筋の通ったコメントとアドバイスをしてます。カッコ良いなあと思いながら、番組を観てます。

関係が危ういニッキーさんも、風貌からして、チャラチャラ系? かと思ったけど、そうじゃないことも解りました。
彼女も、自分の思った、感じたままの意見をきちんと言っている。審査員としての目は確か。

スミマセン、cs放送。観られる方じゃないと、この話題?????ですよね。ごめんなさい。
ここのとこ、書く話題があまりないので、つい書いてしまいました。

お詫びに。

文中で書いた、M・キャリーさんとBOYZ Ⅱ MENのツーショット。「One Sweet Day」。
youtubeにアップされた映像をご覧下さい。

マライアさんにしか歌えないパート、だという事が良く解る。

何年、経過しても、色褪せる事のない名曲だと思います。
私が死んだら、棺にCDを入れて。それぐらい愛している曲ですね。何度、聴いてもその度に違う感動があります。

追伸/

土日に、二回分、放送があるのですが、日曜日の二回目。シカゴでの予選で、吃音のある男性(確か二十歳くらい)が、ラストに出ました。彼が、周囲に溶け込めずに、友達も出来なかった。と過去の出来事を話すシーン。

何だか、娘を幼稚園に入れた当初の1年間を彷彿とさせて、「気持ちがわかるよ。」と思いながら、彼が歌う姿を見て、涙が止まりませんでした。

受け入れてくれる社会が、米国にはあって、日本はどう?
・・こういうの、今の日本には、ないよなあと、テレビを観てて、実感しました。


壁を取り払うこと。その努力と、個々に意識を変えないと、その先はない。どうやったら変えられるのか、おのおの考えるのも大切な事です。

そして、障害者に対しての偏見の壁、なくさないと、たぶん、この先も、そして何十年、何百年も、今ここある我が国。
この国の偏見は変わらないまま、だと・・思う。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

向こうで感じたことは。
たいていの方は温かい目で。
でも、偏見を持つ方は、すごい偏見。。。
ある意味、どうなんだろうと。。。
ただ、大勢は住みやすそうですけど。。。

2013/01/29 (Tue) 21:12 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 少なくとも日本よりは・・

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつもありがとうございます。

> 向こうで感じたことは。
> たいていの方は温かい目で。
> でも、偏見を持つ方は、すごい偏見。。。
> ある意味、どうなんだろうと。。。
> ただ、大勢は住みやすそうですけど。。。

米国も偏見も、いじめも、体罰もありますけど、少なくとも日本よりまだ広い意味で、世界が開かれている?
ように思います。

日本は、固執するとこありますよね。
大阪の高校での体罰にしたって、議論が、亡くなった子の事はどうでも良くて、入試が中止になった事で、困る。
という話にズレている。この亡くなった子の命の尊重は、どこいっちゃったんでしょう?
一つ、事が起こると、その問題にだけ集中して、他はどうでも良くなるの、日本だけじゃないですかねぇ。

時折、止まって、冷静になり、考えてみる。ってこと、みんな必要かも知れませんね。

アメリカとかブラジルとか、みんな移民を受け入れてますよね?
だから、開かれているって感じるのかな、とも思いますが、色んな世界観があって、様々に人種の人たちかいる。ってことを、我々、日本人はあまり実情を知らないし、知らな過ぎる。んだと思います。

同じ人間なのだから、最初は戸惑っても、良さを探して、認め、そして受け入れて。
くれることを、多くの皆さんはたぶん、望んでいる。

なら、相手を知ろうとすること。大事ですね。

2013/01/30 (Wed) 00:49 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック