For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

支援級の数、将来の青写真

下の記事で、コメントに書いた話題。少し書いてみたいと思います。

私の住む市は、支援教育にかなり力を入れている地区です。
障害児教育の理念の一つに、「市内全小中学校に支援級を、設置する。」という事を掲げ、毎年1.2校ずつ実際に設置して、少しずつ級がある学校が増えてきました。

市全体で、小学校は70。中学校は38校(不登校の子の為の学校1校(小中一緒)、支援学校3校(1校は高等部だけ)除く。)ありますが、うち小学校は34校に支援級が(通級も含む)、中学校は17校(通級含めて)に設置されています。

これが多いのか少ないのか、個人の感じ方によるだろうけど、半数に近くなってきたので、良い方だと思う。

今度、娘が副籍を置いている小学校にも、支援級が出来るとのこと。
市のHPや広報にはまだその情報は、全く出ていません。

まだ教育委員会も含めて、市の認可が下りてないからなんだそうで、来月1日の協議会で本決まりに。
先日、副籍でお邪魔したとき、直接、校長先生から話しを伺いました。

この話。とても嬉しいのですが、今すぐ出来る。という事ではないので、出来てから市に見学の申請をしてから行こうかな。ただ、娘が小学生のうちに出来るのか?
あと4年あるので、たぶんそれまでにはクラスが設置されるだろう。

こんな風にして、市は積極的に増やそうとしている。
それはそれで良いこと。

ただ最近、思うのは、支援級に移っても、その先の中学、高校とより障害が目立ってくる時に、果たしてその時の娘がいる環境が合っているかどうか?

というのが私にはまだ見えない。

4年生か5年生で、支援級→中学、支援級→高校、支援学校。というのが、今の娘のレベルで考えるとたぶんこれが青写真。
私が、考えているのは、もう残り数年間で小学時代を支援級で過ごすなら、そのまま中学卒業まで支援学校にいて、高校を市内にある職業訓練を主旨としている、特別支援学校に行かせようかと。

高等部しかない3年制の学校で、入学するには勿論、都の検討委員会と面談を受け、厳しい審査(受験?)を通らないと入れません。
受かる力をこのとき、娘が持っていたら、それが娘にとっては良いかなと思います。

就労を考えたとき、正直、支援学校に籍を置いていたほうが、娘が働く、職に就く。という事に繋がるような気がして・・。

もちろん、全てがそうだと言い切れませんが、もう小学校3年生。
その先の中学、高校を視野にいれてないと駄目だなあと漠然とながら思っています。

それでも、様々な事も含め普通学校に支援級が出来るのは、良いことですね。

頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

Comment

No title 

進学の問題。。。
いつも直面。
いや、就学、修学、かも。
でも、少しずつ問いかけ、意見を言い。。。
その積み重ねですよね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2012.03/16 19:12分 
  • [Edit]

Re: 分かり易いブログ★ずーっと書いて下さいネ 

> 子どもにかんがえてやらなきゃイケナイのは【社会にでる事】ですネ!【four littleサンのブログ】ずーっと読み続けたいデス!/お住まいの地域の支援教育についての記述、分かり易く 感謝デス…今の日本の支援教育は、地域の小学校と支援小学校の二極化を目指しているのか 希望によっては、地域の小学校で特別支援教育を充実しようとしているのか はたまた地域によって違うのか みかんさんの仰る通り その上の高校との関係は?とかんがえると?チョクチョク改正がアリ、ボーとしていたら乗り遅れソウな感じデス(長文スミマセン)

くま母さん、こんばんは。
いつもご訪問、誠にありがとうございます。

そう、社会に出ること。
このまま何もしないでいたら、子は社会に出られませんよね。

そこに送り出せるまでに、子に何を教えたらいいのか。
支援学校の娘より年上の、お子さんを通わせている先輩ママさんに色々と話を聞くと、
やはり家庭でも、家事の手伝いをさせる。挨拶をきちんとする。など学校で教わっていることと同じようにする。

身だしなみを整える、ご飯は3食きちんと食べる。とか家庭で教えられる当たり前のことを、きちんと一人で出来る。
それが一番、大事だとみなさん、口を揃えておっしゃいます。
それが出来ると、企業就労の可能性がぐっと高くなるんです。

自閉症の特性で、物を一列に並べ、親が一つ外して崩したら、パニックになって怒る。
だけど、その特性を良いほうに使えること出来ます。

例えば製造業。ベルトコンベアーに、規則的に部品や食品を足していく作業とか、魅せることを目的とするディスプレーを生業とする人など、向いてる。

支援級、支援学校の在り方については、各自治体によって、かなりホントに違うようですね。
支援教育は、国が統率する訳ではないですからね。

このたび、自立支援法から名称が変わるという法案が確か国会で通りましたよね。すみません、名前ド忘れしました。
変わったからといって当事者にとっては、え?という感じで、すぐに変わることではないとは思いますが、でもこうして審議してくれる時代になったというだけでも、世間が障碍者に対して目を向け始めたことだ思う。

高校は、支援級はありませんからね。
だから支援学校に高等部から入学してくる子が、増える。
知的障害のあるお子さんは、職業訓練が主旨の特別支援学校に行くか、小中高続きの支援学校に行くか・・・ですね。

ごく、それもホントに極軽度のお子さんは、普通に受験して高校に上がれるお子さんもいると思いますが、高校はまた小中とは全く別。
この格差をなくすことも、特別支援教育(障害児教育)には、必要ですね。
今のままでは、格差、ありすぎるもの。
  • posted by chi7ta 
  • URL 
  • 2012.03/16 23:39分 
  • [Edit]

Re: 学年末に・・ 

> 進学の問題。。。
> いつも直面。
> いや、就学、修学、かも。
> でも、少しずつ問いかけ、意見を言い。。。
> その積み重ねですよね。

HANG ZEROさま、こんばんは。
いつもありがとうございます。

年度末になると、これは考えてしまう問題です。
娘には、好きなこと、特性が合致した職業に就いてほしい。と願っています。

軽いから支援級、普通級?
と変わるのではなくて、変わったその時は良いと思うんです。

でも、その先にある就労を考えたとき、頻繁に在籍する級が変わるのは、習って覚える。ってことに支障は出ないかな、とか考えてしまいます。
  • posted by chi7ta 
  • URL 
  • 2012.03/16 23:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ