2012_12
02
(Sun)23:52

娘の好きなもの。ここに連ねてみる。

広汎性発達障害で、現在8歳。あと約3ヶ月で9歳になる娘の、好きなもの。

1.まず、お菓子。

カルビーのじゃがりこ、ポテトチップス。

それから、かっぱえびせんに、プチくまシリーズの、うすしお、エビなんだったけ? 忘れた~。

東ハトのポテコ、キャラメル・コーンなどなど、やっぱり育ち盛りの子供。

お菓子は大~好き~!

2.それからアニメ・キャラクター。

アンパンマン。もう幼稚園の頃から大好きです。親としては、いい加減、卒業してほしいアンパンマン。

たぶん、見ている間、集中するから、その間、心置きなく家事が出来る。(^^:)

なので、親が見せちゃっている部分があるのが、卒業出来ない半分の理由。


プリキュア。 こちらも幼稚園、最後の二度目、年中さんから大好き。

8歳の今でも、マイ・ブームが続いています。

プリキュアに至っては、親たちが好きなので、意識的に触れさせてるとこ、あるかも知れません。


他に。

ここ1年くらいは、たまごっち、アイカツ、プリティー・リズムかな。

プリティー・リズム。

やらないけど、プリズム・ストーン、結構、持っています。
本格的な子、バッグやら、専用のストーンケースに入れて、持ってますね。

好きな食べ物。

グリコのぷるるんゼリーに、キウィ、葡萄、苺、みかん、柿。私が、果物の果汁やジュースを、使って作ったゼリー。カスタード・プリン。
カレーライスにシチュー、ハンバーグに、ロールキャベツ。また韓国料理なら、ビビンバ、チャプチェ。

ミートソース、おでん、焼きそば、うどんなど、食べられるものはかなり増えました。


それから何か出来た時に、私や夫が娘を褒めるとき、必ずする、ことが好き。

頭をなでてあげて、思いっきりハグしてあげること。


親の気持ちが、ストレートに伝わってくるから、これは好きなことなんだと思う。


相手が障害児だから、言ってもどうせわからない。
・・決してそんな事はない。

反対に、解っている。

だからこそ。


子供と心と、心を付き合わせて。

そうすれば、「子供の好きな物。」がきっと、見えてくる。

障害児相手だからこそ、自分を信じて。

育児しなきゃ。

健常の子とやり合うくらいの子に、育てよう。
同じ子供なんだから、別に恥ずかしがる事なんて、絶対ないのだもの。

こんなふうに、書き連ねていたら他にも、色々思い出した。
なので、弟二弾で、近いうちにまた書きますね。

お付き合い下さいませ。(笑)


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

まんべんなく。。。
好きなものありますね。
我が家は、偏りが多い気がしますけど。
親の影響、健常でも、障害があっても、かなりありますよね。
でも、関わりがないと影響もないでしょうしね。

2012/12/03 (Mon) 20:08 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 食べられるものは・・。

HANG ZEROさま、こんばんは。
いつも本当に、ありがとうございます。

> まんべんなく。。。
> 好きなものありますね。
> 我が家は、偏りが多い気がしますけど。
> 親の影響、健常でも、障害があっても、かなりありますよね。
> でも、関わりがないと影響もないでしょうしね。

食べられものは、一頃に比べるとずいぶん、増えてきましたが、
納豆とかオクラや、もずくなど粘着質のあるものは、食べる前から、苦手意識を作ってしまうようです。

見た目重視ってやつですね。(><:)
食事は、バランス良く摂って貰いたいから、出来れば酢の物や納豆とかも食べて貰いたいんですけどねぇ。

酢とネバネバだけは、どうしてもダメです。苦笑。

2012/12/03 (Mon) 23:19 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック