For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

子供のために、親がしてやれること。

↓のZEROさんへの返信をしていて、ふと思ったこと。

今年、あと二ヶ月で終わってしまいますよね。

年が明けて、三ヶ月後には、娘は4年生になる。

この一年。

娘の為に、私は何をしてきたのだろう。

昨年の今頃を回想してみたけど、現在(いま)と殆ど何も変わっていない。
このまま、後、小学生活3年間を、私はやり過ごしてしまうのだろうか?

そんな考えと思いが、頭に浮かんで、急に不安になってしまった。


週明けから始められると思った、一人通学する為の取り組み。

まだ先生の許可が下りないんです。

8人の先生の承認がいります。最終の校長先生まで、どうやらまだ行ってない・・らしい。

私が娘にしてやれる事は、「一人で、自分の足で立ち、生きていく為に必要な力。」を付けさせること。
勉強でも習い事でも、なく生きる為の生活力。

一人通学もお料理のお手伝いも、洗濯もの干しのお手伝いも、一人で電車やバスに乗る練習も、学校だけではなく、家で教えるべき事だ。

それが出来るのは、何を隠そう、親しかいない。

だって、"一人で"出来なくては、意味がないの。

例えば、学校の行き帰り。お友達がいれば行ける。
じゃ、一人では?

そこで、お友達がいないと駄目! 行けない。
となるなら、これでは本当の意味で、「一人で出来る、行ける。」という事にならないじゃないですか。


障害児はね、その超えるハードルが、普通の子の二倍は高いんですよね。

でも、超えなきゃ、その先の自立する。って事に近づかない、のよね。

解ってるんです。そう、解ってるんです。

そろそろ、目の前にある薄い一枚の壁を、私と娘で破りたいなあ。
そうすれば、もう一段、階段が上がれるのに。

目の前の、手を伸ばせば届く距離のところに、見えているのに、その僅かな距離が遠い。
私も、娘も。

"出来る、出来そう。"と思っているけれど、心の中ではどこか、一枚、シャッターを下ろしてしまっているのかもしれません。

私が、親として出来る事。
既にもう見えている。

あとは、私がどう教え、娘に伝えるか。

・・・それに、娘の将来が、きっと架かってる。それだけは、いま、確信が持てることだ。

責任重大だね、私。

あぁ、余計にプレッシャー・・・。



頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

 

いろんな障害も。。。
周りの協力あってこそ乗り越えることができる。
それって、障害のあるなしじゃなく、健常でも。。。
でも、よりたくさんの、協力が必要なだけ。。。
そう思うようにしています。
学校の理解も。。。
なかなか。。。
わかるような気もします。
焦ってしまいますよね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2012.11/13 21:40分 
  • [Edit]

Re:協力なしには・・。 

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にありがとうございます。

> いろんな障害も。。。
> 周りの協力あってこそ乗り越えることができる。
> それって、障害のあるなしじゃなく、健常でも。。。
> でも、よりたくさんの、協力が必要なだけ。。。
> そう思うようにしています。
> 学校の理解も。。。
> なかなか。。。

本当にそうですよね。

周囲の協力と理解あって、子供たちが過ごしやすい場所になる。

いまは、昔ほど理解が進まないってことはないような気がしますが、
それでもまだまだですよね。

> わかるような気もします。
> 焦ってしまいますよね。

そう、ホント。焦るんですよ。

もう3年生も終わりだし、ぼーっとしてたらあっという間に、中学生だよなあ、とか。苦笑。

今すぐにいきなり中学生になる訳じゃないのにね。v-393
  • posted by chi7ta 
  • URL 
  • 2012.11/13 23:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ