2012_11
05
(Mon)23:24

チャレンジ3年生、赤ペン先生の問題用紙。

今日、10月号の赤ペン先生の問題用紙が戻ってきました。

国語100点、算数75点。

DSC03047.jpg

注) サムネイル表示にしてあります。画像をクリックすると大きく表示されます。

算数は、私と一緒に、確認しながらやったにも関わらず、二ヵ所も間違ってる。

距離のちがいを求める問題で、750-600=150

なのに、100と書いてる。
・・うーん、単純な確認ミスだ~。

そう、娘の場合、後から確認する。って事をしない。
一回やったら、もう一度、見直すんだよ。とあれほど言っているのに。はあーっ。

こういう小さな間違いが、ちょこちょこあるので、赤ペン先生や診断テストで、「きちんと見直しましょう。」といつも言われている。苦笑。


それから字や数字の書き方。

だいぶ一頃よりは、良くなってきたけれど、走り書きのようなさーっと書いた乱れた字を、まだ書く。
ことがあるので、きちんと止めるところは止める。

意識して書くよう口うるさく言って聞かせてはいます。

この赤ペン先生の問題用紙を、やって出す時は、意識しすぎるくらい意識させ、丁寧に書かせています。

あまりに綺麗過ぎて、親が手を貸して書いた部分がある。と先生は解っちゃってる!?かも。

チャレンジは今、二等辺三角形、正三角形、三角形のとこ、やっている。

ここに二等辺三角形は何個ありますか?
正三角形は何個? 辺の長さが揃っていない三角形は何個、あるでしょうか?

ってね。

この問題用紙もね、1.2年生の頃よりだいぶハードルが高くなってきてる。でも、そんな中でも、良く頑張ってこなしていると思います。
娘なりに、頑張ってやってる。

楽しんで、やれているうちが花だと思うので、本人が、自分の声で、「もう、わからないから止める。」というまで、チャレンジは継続します。

止めどきは、私が決めるのではなく、娘に決めさせよう、と思う。

今の娘なら、判断能力、あるもんね。ないとは言わせないよ、ちーちゃん。
少し前の私なら、私が「止めどき」を判断しよう。って考えていた。

でも、チャレンジを続けていて、解った事が一つある。

娘は、チャレンジのテキストをやることは、「楽しい♪」と思っていること。
なら、その思いを出来るだけ大事にしてあげようと思って・・。

それにね。

知的障害があるから、解らない。理解出来ない。と思い、考えているのは親のほうだけで、実は子供は、意外とそう思ってはいなくて、やらせてみたら、結構、理解している。

というとこ、必ずどこかにあると思う。

解らないから。と決めつけて、一枚シャッターを下ろしては駄目だよ。これは、子供の、可能性を消しちゃうから。

今月の提出締め切り日。11/30日です。
それまでに、テキストを全てやって、出せるかな。

毎日、遊び惚けて、後回しになっているチャレンジ3年生、テキスト。
3日に一回は、16:00に勉強タイムを設けたコラショのタイマーが、むなしく鳴り続けています。(><+)


頑張る私に力を下さい。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
応援ポチッ、して頂けるかた、応援、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

やる気。。。ですよね。
なかなか、持続をさせるのが難しいですよね。
いつもおもいます。
持続させるって、させてるって、いや、お勉強に興味を持ってるって。。。
羨ましいかも。。。
我が家は、全く。。。です。
それ以外で得意分野を作ることに執着しているようで。。。

2012/11/06 (Tue) 18:54 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: それでも最近は・・。

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつもありがとうございます。

> やる気。。。ですよね。
> なかなか、持続をさせるのが難しいですよね。
> いつもおもいます。
> 持続させるって、させてるって、いや、お勉強に興味を持ってるって。。。
> 羨ましいかも。。。
> 我が家は、全く。。。です。
> それ以外で得意分野を作ることに執着しているようで。。。

それでも、最近はサボり気味です。

全部はやらなくて良いから、この問題だけお母さん、お父さんと一緒にやってみよう。
とか、出来たら、たーくさん褒めてあげるよ。

とか声かけは、ボンくんは駄目なのかな?
褒めると俄然、やる気になるって、良く聞きます。

でも、やる気っていうよりは、うちの場合、習慣。に近いかも知れません。
やらないと、かえって気持ちが悪い・・というか。

やれば、次のシールが貰えるから、やるよ。(苦笑)

だけど、得意なものがあるって、凄く良いことです。
だって自分を思う存分、それをする事によって、表現出来、溜まったものがあったら、それで発散出来ている。その術を心得てる。

という事だもの。それは、大人になって、気持ちをコントロールする為の力になるんじゃないでしょうか。

拘りを崩せ。と娘の学校の先生たちも良く、おっしゃいますが、その全てを崩しては駄目だと思うんです。
悪いことばかりじゃなく、そっか。それなら出来るんだね、道を通れるんだね。って。

上手く、折り合いを付ける、っていうんですか。そうすることで、子供の心を安定させ、成長を計る?
そういうのも、ありなんじゃないでしょうか。

といっても、拘りを持っている娘を、ブチ切れて、しかり飛ばす時も、私はあるんですけどね。(><;)
偉そうな事は言えない・・っていうのが、本音です。

2012/11/07 (Wed) 00:02 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック