2012_10
19
(Fri)23:59

自立させるために何をして、させていますか?

皆さんにここで、質問です。

将来、お子さんを自立させる為に、何をしていますか? そしてさせていますか?

少しでも、それにつながる事を家庭でも、学校でも、低学年のうちからやっているか、否かで、かなり将来、出来る事に違いが出てきます。


うちの子は何も理解していないから、そういうことはさせてないよ。とそうお母さんは言います。

でも、本当にそうでしょうか?

例えば、自分で靴を履く、服を脱いで、たたむ、洗濯かごにいれる。学校へ行く為の準備。体操着を入れる、筆箱、給食袋をリュックに入れる、等々。

こういう一連の作業を一人で出来る。ということは、将来、自分の力で生きる為の、生活力になるんです。


解らない、出来ないから。といって決めつけてしまわずに、是非、学校で。だけでなく、家でもやらせてみて欲しいと思います。

一人通学だって、道さえ覚えていれば、意外と何とかなるもんです。同じ道を通らなくては駄目だというのも、逆手にとれば、そこを通ればいけるのね。

という事だって言えるでしょう。

将来重要になってくるのは、こういう日常のちょっとした小さな積み重ね。なんだと思うんです。

包丁も危ないから、使い方理解していないから。といって料理のお手伝いもさせない。

なんてのも、私はやっぱり問題だと思う。

教えなきゃ、使い方なんて解らないよ、子供は。
学校で教えてくれるから良いじゃない。じゃなくて、それを一度は、家でもやらせてみる。

頭で理解する事が難しい子供たちだからこそ、身体で覚えさせるの。

それしかないと思う。

小学生になった瞬間から、そこは大きな社会に変わる。

幼稚園、保育園の頃は、とぢらかといえば、小さな世界で、大人がその世界を守っていました。

でも、学校にあがる。
ということは、そこに少なからず、自分の責任。というものが、発生する。

だんだん、学年が上がるごとに、ね。

だからこそ。

「自分一人で出来る。」という項目を沢山、増やす必要があるのです。

何もしなかったら。

子供も親も、何も変わらない。

私はそう思う。


頑張る私に力を下さい。
応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック