For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

ハロウィーンの飾り付け

10月になると、家ではちょっとしたスペースに、ハロウィーンの飾り付けをします。

玄関はリースとちょっとした置物。

家の中は、脱衣所とトイレの扉の間にある壁には、Disney Fanの懸賞で貰った、スティッチのフェルトのガーランド。

DSC03024.jpg

表示はサムネイルです。画像をクリックすると大きく表示されます。


ライトは、セブンイレブンのくじで、数年前。貰った同じくスティッチのランプ。


DSC03025.jpg

これもサムネイルです。

丸い飾りと天井から吊した提灯は、100円ショップで買いました。

こんなこと、しても障害児なんだから、解らないし、意味ないじゃん。
そう思い、感じる方もいるかもしれませんが、親が、率先してやらないと季節感を感じる。ということを子は、学ばないと思う。

学校で教わる?

確かに一理あると思いますが、せいぜいお正月とクリスマスくらいでしょう。

私は、自分が楽しむつもりでやっていますが、やはりいつのまにか娘の為になっています。
しかし、その努力のお陰で、1月だったら何? "お正月だよ。"

3月だったら何? "ちーちゃんの誕生日!"
他にもあるでしょう? "おひな様~!"

10月だったら何? "ハロウィーン!!"と即座に答えました。

絵画教室で毎月末、描くカレンダーも、月を連想して、それなりに描く事が出来るようになったのも、この家での飾り付けが、理解につながったのだと思っています。

それまでは、全く見当違いのことを言っていましたね。

学校で教わっていても、家で季節感を感じることを体験させないと、発達障害のお子さんは、理解に乏しいところが少なからず、やはり出てくる。

だからこそ。

身体で覚えさせるには、実際に飾り付けを一緒にやらせてみたり、お雑煮を一緒に調理してみたり。
季節感を感じさせるためには、そういう親の努力も必要です。

これは、担任の先生には出来ないこと。
親だから、出来る。ことなのだと思う。


今日、100円ショップて買ってきた提灯。

天井から吊してみました。(これもサムネイル表示です。)

DSC03023.jpg

・・なんかもの凄くハロウィーン!という雰囲気が出ました。

明日は、リビングの扉。一部、ガラス。そこにジェルジェム。付ける予定。これもハロウィーンのスティッチです。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

 

大切なことですよね。
障害児だからとかじゃなく。
当たり前の行事として。
いろんなことで刺激を受けて欲しいですしね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2012.10/10 19:16分 
  • [Edit]

Re: 本当ですよね。 

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつもありがとうございます。

> 大切なことですよね。
> 障害児だからとかじゃなく。
> 当たり前の行事として。
> いろんなことで刺激を受けて欲しいですしね。

本当にその通りです。

刺激を受ける事で、成長出来るきっかけになりますもんね。v-410
  • posted by chi7ta 
  • URL 
  • 2012.10/10 23:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ