2012_09
27
(Thu)23:57

少しずつついてきたコミュニケーション力

広汎性発達障害の娘にとって、物心ついた時からの鬼門の、コミュニケーション力。

だいぶ良くなったけど、それでも意思疎通が上手に出来ずに、いる。
時があります。

そういう時は、大抵、独りふてくされています。

(話が一方的で、相手の子が?と思う時です。)

かつ私がお迎えの付き添いで、いる、
時の事でなら私が補足して、相手の子に娘の言いたい事を、相手の子に伝えています。

だけれど、最近は、私がそうしなければいけない場面も少なくなって、きました。

今日の絵画教室も、教室の仲間と上手くコミュニケーション、とれていたようです。

教室の小学生低学年組で、流行っているたまごっちを、介しての通信。

教室で一緒の二年生の男の子の、妹さん。(幼稚園、年少)
と一生懸命、話をして。

頑張って、娘はお姉さん。してたね。

その様子、後方から見ていて、“成長したなあ。”としみじみと感じましたね。

娘にとっては、なくてはならない、「自身を受け入れてくれて、自分らしくいられる場所。」
何だろうと親の私は、思っています。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。応援ポチして下さる方は、クリック↓お願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

少しずつの積み重ねと、周りのお子さんたちの助けもありますね。
我が家の場合、学校で、いいこと、わるいこと、いっぱいおぼえてきますが。
ただ、学校の支援の先生との相性が。。。
最近、お話を聞いてくれないと。。。
どうしたものか。。。です。

2012/09/28 (Fri) 19:23 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: わかります

> 少しずつの積み重ねと、周りのお子さんたちの助けもありますね。
> 我が家の場合、学校で、いいこと、わるいこと、いっぱいおぼえてきますが。
> ただ、学校の支援の先生との相性が。。。
> 最近、お話を聞いてくれないと。。。
> どうしたものか。。。です。


HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にありがとうございます。

先生との相性。
これは、わかります。

それが良いか、悪いか。
かなり子供にとって、影響がありますよね。

それによって、出来なかった事も出来るように。なったり。

こちらが先生を選べる訳じゃないですもんね。

2012/09/28 (Fri) 23:40 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック