2012_03
06
(Tue)13:55

二年生最後の保護者会と小学部交流会

昨日、娘の支援学校で、保護者会と交流会がありました。

子供たちのこと、これから先の未来になるであろう就労のこと、そしてPTAのこと。
など様々な話題が。

いつも感じることですが、みなさん、意識改革が進んでいる方が多いなということです。
子供が障害児だから?

私にはどうもそうは思えません。
子供にハンディがあるから、ないからとかではなく、一人の親としてしっかり考えて、みなさんいるのだなと。


普通の小学校だと、一クラス3、40人。
役員も一度やれば、次にまた役回りが回ってくることはそうあまりないだろう。

でも、特別支援学校の場合、多くても一学年20人程度。
ですから、一度やって終わりじゃないんですね。在学中に2.3度は役回りがくる。

それに、子供の出来ること、出来ないことをみなさん、きちんと自分なりに把握しているところが凄いなと思う。
私など、みなさんに比べるとまだまだヒヨッコ。
一歩も二歩も彼女たちのほうが先をいってる。

「ないなら自分たちで作ろう!」というスタンスなんだよね。そう思っても、なかなか行動にうつせないことも多いもの。本当に見習うべき点がいっぱいあったな。

保護者会の後の、交流会で他の学年のお母さんたちと話をしましたが、こういう機会でもないと他学年の親御さんたちと話す。というのはあまりないからね。
そういう意味でも、今回の交流会は、私にとってはとても意義のあるものでした。

小学部1~6年まで生徒は120人いますが、約ほぼ半数の62人の人たちが参加されていました。
学校の近くの和食処の大広間は、人で埋まってましたね。笑。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

コメント

No title

いい会話ができたんですね。
先人たちの行動力には、頭が下がりますよね。

2012/03/06 (Tue) 20:42 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 子供のために企業したり・・。

> いい会話ができたんですね。
> 先人たちの行動力には、頭が下がりますよね。

HANG ZEROさま。こんばんは。

NPO法人を立ち上げ、ハープを使った石けんを売る会社を作ったり、障害者を支援する為に、グループホームを作ったり。と実際に自分で動き、作ってしまった人が何人かおられます。

全てはみんな子供の将来の為、何ですよね。

解って貰えない。と嘆くより、当事者から外部に働きかけること。
とてもとても、重要な事のように思います。

たぶん、今の支援学校に入ってなかったら、私はそれに気がついてなかったと思います。
だから運命?なのかも知れませんね。

2012/03/07 (Wed) 00:37 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック