For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

いつかは必ずやってくる娘との別れ

今日は。オリンピック、女子マラソンの中継の為、放送開始は1時間遅れ。

今回の回は、愛菜ちゃん演じる美雨ちゃんが、お父さんを想って、数々の行動に出る。

でも、洗濯機にポケットティッシュが入ったまま、洗濯してしまい、洗濯物はティッシュまみれ。

お父さんが、通院している病院まで行き、担当医の先生に、「パパの病気を治して!」と涙ながらに訴える。

前回のこのドラマについて、書いた時も同様の事をここでは書いたと思う。

私だったら、私がいなくなったら、娘はどうなるだろう、どうするだろう。って事を、このドラマを見ていると、真剣に考えさせられる。

私と娘にも、いつか、そういつか。
別れる時が必ずやってくる。

その時、私はきちんと心置きなく、私がいなくなっても、娘がちゃんと一人歩き、していけるように力を付けて、手筈を整えてあげられているだろうか?

不安と心配が、心の隙を突く。

毎回、泣きながら観ていますが、愛菜ちゃんの演技の可愛さに、重いストーリーが救われている気がします。
でも、話の内容。

リアルに現実にあることだと思う。

自分が発症して、これから様々忘れて行く中、家族に理由を話し、子の事を頼む。
それを想うだけで、たまらないですよね。

最後は、自分のお腹を痛めて産んだ、子の事さえ、思い出せない。忘れていく。

憶えているうちに、記憶出来ているうちに、親としてできる限りの事を、子に伝え残していこう。

もし、私が同様の立場だったら、同じ事しただろうな。と思い、たまらなく切なくなる。

最近、フジテレビさんは、日曜のドラマ枠。

家族をテーマにされたドラマを、持ってきていますが、今回のドラマのテーマ。
なかなか良いテーマです。

きっと、私のように、毎回、欠かさず観ていて、涙。涙の方、多いと思うな。
誰にでも発症する可能性がある病気ですから。


でも、そう視聴者に思わせて? しまうのも、フジの戦略の一つなんでしょうけど。
私はフジテレビさん、好きなので、そう思わされても、全く不快じゃないんですが、フジテレビさん。
嫌いな方は、もの凄く嫌い! ですよね。

私には、それも何故なのか?
食べ物と同じで、ただ食わず嫌いを、子供が泣いて訴えているだけのように思える。
だから、騒ぐ理由が、本質的には、本当に解らない。解って。といわれても、「解りません。」と私は答えるだろう。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

Comment

 

当たり前とは言え。。。
障害を持つ子供って。
すごく心配です。
男性以上に、女性は、もっと心配になるようですが。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2012.08/06 20:27分 
  • [Edit]

Re: 折り返し地点 

> 当たり前とは言え。。。
> 障害を持つ子供って。
> すごく心配です。
> 男性以上に、女性は、もっと心配になるようですが。

HANG ZEROさま。こんばんは!
ご返信、遅れまして申し訳ありません。

私自身が、もう人生の折り返し地点に立っているので、残り半分の中で、娘に何が出来るか、遺してあげられるか?

最近、真剣に考えるようになりました。
もう半分しかありませんから、出来るだけ娘が、一人で出来ることを増やしていかないと、私と夫がいなくなったとき、誰も頼る人はいない。

という状況に陥ることは、十分、考えられます。
だから、そういうときにSOSを出す方法だったり、いざというとき、助けてくれる人を、娘自身が自分の力で味方を作ること。

どうやったら、そう仕向けられるかな?
とふとした瞬間にやはり考えます。

その前に娘の場合、必要以上に親に甘える。ところがあるので、「自分で出来ることは自分で!」
本人の課題です。
  • posted by chi7ta 
  • URL 
  • 2012.08/07 00:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ