2012_08
02
(Thu)23:59

絵画教室 魚の絵

夏休みですが、娘が現在やっている、唯一の習い事の絵画教室。
イレギュラーですが、夏休みもあります。

月末、月初めなので、恒例のカレンダー。

娘、曰く「お魚。」だそう。

DSC02953.jpg


こういう発想。娘にもあったんだ!
と迎えにに行き、この絵を見せられたとき、そう思いました。

彼女、独自の発想。

魚が沢山、集まって泳いでいる、そんな風に見えますよね。

それに、紙の端から端まで、きちっと塗っていること。

先生も言っていましたが、「塗り残しなく、きっちり塗る。」ということが、最初の頃は出来なくて、苦労をしていた部分がありました。

家で枠の中に、はみ出さずに色を塗ること。を塗り絵で、私と一緒に、たまに遊び感覚で、やっていたことが、教室で何となく、意識出来るようになったのだと思う。

今回は、カレンダーの部分は、色は塗らないの? と聞いたら、「うん。」と。
本人なりの法則があるのでしょうね。

静物画とか、人物画とか、デッサンとか、描く物、描き方も全然、幼稚。
健常の皆が描く絵と比べたら、まだまだ。
だけど、人を描くとき、手足もちゃんと描くようになったんです。

娘なりに、進歩してるんだ、なあ。と感じて、その成長を見られるのが、親として素直に嬉しいと感じます。

絵描きという職業は、集中力と感性が必要とされる職業。
娘には、前者の集中力を養って貰いたいと考えて、絵画教室に通わせること、にしました。

が、反対に感性という意味では、誇れるようなものには、彼女自身の感性は育っていないかな。

親の私も、小さな子供の頃から、絵を描くのが大好きで、お絵かき帳、画用紙、広告用紙の裏など、白いところを見つけると、そこに必ず、何か描いてた。笑。

それが後に、デッサン画描いたり、スタイル画描いたり、テキスタイル画を描いたり、する力になったのですが、それが活かされたのは、服飾の専門学校生になった時。

美しい自然の光景を見た時は、自然と絵を描きたく、やっぱりなります。

娘に、その道のプロになって! とは親としては、思わないけれど、本当に、好きなら絵描きの道に、進んでもいいよ。と背中を押してあげる。心づもりは、もう出来ています。

感じたものを、そのまま絵として表現する。その方法として、是非、娘にも、使って欲しい。

と思いますね。

感じたまま、思いを表現する。
人となりが、解る。ことだから、表現する方法を知っている。

悪い事ではないよ、きっと。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

夏ですねぇ。
涼しそうですねえ。
可愛いですね。
お魚は金魚?

2012/08/03 (Fri) 00:10 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 金魚かな?

> 夏ですねぇ。
> 涼しそうですねえ。
> 可愛いですね。
> お魚は金魚?

HANG ZEROさま、こんばんは!
いつもありがとうごさいます。

本人に聞いたんですが、金魚とは言いません。笑。

本人の中では、どうやら熱帯魚のようです。

青、赤の魚???
娘の頭にある世界、表現した。のね。って理解出来る。
夏らしい。ということ。

本人が何となくでも、解ってそう捉えている事に、成長を感じ、嬉しかったです。

2012/08/03 (Fri) 00:51 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック