For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

映画、「再会の街で」

今日の夕方、久しぶりに、Amazon Fire TVで、映画が観たいな。

と思って、タイトルに目がいった。
2007年の公開なので、今年で、ちょうど十年ですかね。

「再会の街で」/Movie Walker

主演の二人。アダム・サンドラーさんと、ドン・チードルさん。

二人の演技、とても良かったよ。

同じ大学を出て、二人とも歯科医になったけれど、アダム・サンドラーさん演じるチャーリーが、2001年に起きた同時多発テロで、奥さんとお子さん3人を、亡くし、心的外傷ストレス障害(PTSD)になって、心を閉ざしてしまう。

そのチャーリーを、何とか傷害から救おうとする、ドン・チードルさん演じるアラン。

ぶつかり合いながらも、自然と必要とする存在になっていく。過程が、丁寧に描かれていて、それだけで、画面に引き込まれていました。

裁判所で、判事(ドナルド・サザーランドさん)に、これは、裁くべき案件ではなく、家族の問題です。といって、亡くなった奥様のご両親に、告げるシーン。

その後、チャーリーが、義理のご両親に、自分の思いを伝えるシーン。心の痛みが、伝わってきて、自然に涙が、溢れて来ました。

こんな風に、実際に、チャーリーのように、何年も、苦しんでいる遺族の方が、いらっしゃるのでしょうね。
あの日の映像。

本当に、衝撃的でした。今でも、はっきり憶えています。

上層階にいた人たちが、自ら飛び降りて、落ちていくのが、テレビで映像を観ていても、それがわかったもの。

それでも、前を向いて。
歩いていかなきゃ!

と、言っている映画だと思う。

主演のお二人。共に、明るいキャラを演じることが多いイメージ。
でも、そうじゃない。

彼等は、演技派だったのね。と気付かせてくれる映画ですね。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ