2017_05
08
(Mon)18:16

知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに/朝日新聞

・・このお話。とても他人事とは、思えない。

知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに/朝日新聞

娘でも、十分あり得るよ。
(うちは、この彼と同様、障害者枠で、企業に就職したい。と考えてるからね。)

合理的配慮の条令が、発令されてから、2年だったかな。
経つけれど、実際には、企業や、学校などで障害者が、困った時に、配慮を求めたら、それに出来るだけ応じて下さい。

*合理的配慮/ウィキペディアより。

と、なっていない。というのが、現実なのではないでしょうか。

しかし。
その一方で、障害者枠で、障害者を雇用しても、企業側に、障害のことについて。
知識のある方が、指導者になっていない。
もしくは、いないなど、専門知識を持った方が、一人もいないから、しょうがなく社内の誰かに、責任者になって。というのが、企業側の本音。

でも。
彼らに、誰かが、仕事のノウハウを教えないと。
教えるのは、雇用した企業側の責任です。
出来ません。なんて、言い訳にしかならないよ。

企業側が、自身で、専門知識を持った社員を、育成しなくちゃ。
障害者枠を、雇用で名乗るなら、必須。
これをやってくれる企業が増えたら、もっと。変わると思うな。

スターバックス、オリンパスなど、独自に取り組んでいる企業は、増えて来ているけれど、
それでも%で、表したら、極僅か。

まだまだ、足りないと思う。

全力投球で、真面目。その反面、心は繊細。
強く言われたら、彼の自尊心が、へこんでしまう。

こういうことが、ずっと続いたら・・・。

この彼のように、自分を責め、上司の言葉に、傷つき、死を選ぶ。

障害者は、いなくならないと思う。

障害があっても、普通に就職したい。という障害者の思いと、
障害者枠を設けたからには、それをうまく軌道に乗せないと・・。というような、企業側の焦り。
(枠を、埋めないといけないらしいから。)

企業側にはジョブ・コーチなどの派遣。

障害者には、メンタル面のサポートと、スキルUP。

が、障害者が、社会に出て、安心して働く為には、

障害者の社会進出と共に、この点を、充実させること。が必要不可欠だと、思う。

"バカなりに、努力しろ"

・・どんな思いで、彼は、この言葉を、聞いていたのだろう。
それを思うと、胸に詰まる。

一人で抱えてしまって、ご両親には、言えなかったのでしょう。
誰か、他に相談出来る人はいなかったのかな。

企業側に、彼の味方(ちゃんと解って指導してくれる人)が、いたら、命を絶つようなことは、彼はしなかったと思う。

ご冥福を、心より祈ります。

コメント

NoTitle

とんでもない発言。。。ですね。
健常者にでも言わないことを。。。
こういう方、どこにでもいるのですが。。。
今日、中学校で障害についてのお話をしました。
大人相手よりも、中学生相手に講演をするのって。。。
難しいですね。
社会に出ていない子供達に、人を役に立つことが堂この先社会に出ていくときに役立つのか。。。というテーマ。。。

2017/05/10 (Wed) 19:17 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: でも、きっと互いに理解します。

HANG ZEROさま、こんばんは。
いつも本当にどうもありがとうございます。

> とんでもない発言。。。ですね。
> 健常者にでも言わないことを。。。
> こういう方、どこにでもいるのですが。。。

人間性の問題ですよね、これは。
自分よりも、弱い立場にいると知っていて、こう言っているのですもの。


> 今日、中学校で障害についてのお話をしました。
> 大人相手よりも、中学生相手に講演をするのって。。。
> 難しいですね。
> 社会に出ていない子供達に、人を役に立つことが堂この先社会に出ていくときに役立つのか。。。というテーマ。。。

副籍で、娘と一緒に行っている中学校では、みんな最初は、娘の周囲に、来て、しばらく話しかけずに、見ているんです。
それは、決して軽蔑しているとか、いじめたい。とか、そういう感じではなくて、話したいけれど、どう話しかけていいか。

解らないとか、恥ずかしいと戸惑いの気持ちが入り交じって、少し離れてみている。

でも、一度。

話して打ち解けると、自分たちのほうから、娘に話しかけ、
娘が授業に参加していて、解らない場面が、出てくると、こちらが何も言わないのに、
気付いて手助けをしてくれる子も、多く出てくるんです。


だから、きっと。

中学生でも、互いに触れ合っていくうちに、互いを知って、理解すると思います。

講演会で話されたことは、彼等にとって、無駄になんて、なってません。
むしろ、何か心に響いたものが、あるんじゃないかな。

中学生って、そういう年頃。
素直さを持ち合わせていて、その分、気持ちとは裏腹に、反抗的な態度をとる思春期にいる子たち。

そう解って、接すると、やっぱり。子供なんだなあ。と感じますね。

2017/05/10 (Wed) 23:17 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック