For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

歌とヴァイオリンで彩るクリスマスコンサート/調布市グリーンホール 大ホール

今日の演奏は、東京交響楽団の皆さん。
ほぼ、フルに近い楽団員の皆さんだったと思うけれど、コントラバスとチェロ、ヴァイオリンは、全員じゃないと思うな。
バイオリンには、コンサートマスターとアシスタントコンサートマスターが、それぞれ2人ずつ。
いて、必ず1人のコンサートマスターに、1人のアシスタントコンサートマスターが、付くんです。

今回の演奏会には、ヴァイオリンは、2人いない。
2月に娘の学校に、演奏しに来て下さった時は、コンマスは、水谷 晃さんでしたが、今回は、もうひとりの、コンマスのグレブ・ニキティンさん。

それに、主旋律を、弾くのが、第1ヴァイオリン。副旋律を弾くのが、第2ヴァイオリン。

定期的に、行くようになって、少しずつ、オーケストラのことを、もっと知りたいと思うようになりました。
知れば知るほど、奥が深い世界ですね。

今回も、娘と一緒に行きましたけれど、娘が反応したのは、組曲の「くるみ割り人形」より、花のワルツ。
トゥルルルールー♪と始まるこのチャイコフスキーの曲。とても有名。

娘は、身体全体を使って、リズムを取っていました。

最後の、リロイ・アンダーソンの「クリスマス・フェスティバル」

聴いたことないひと、いないんじゃないかな。
もろびとこぞりて、ひいらぎ飾ろう、きよしこの夜、ジングルベルなど馴染みの曲が、「クリスマス・フェスティバル」
というひとつの曲の中で、フレーズが演奏されます。

まさに、今の季節にピッタリ。贅沢な時間でした~。
なかなか、クリスマスソングを、オーケストラの演奏で聴く。なんていう機会は、そうそうあるもんじゃないですからね。
だからこそ、貴重なのに、その重みを、今イチ。理解していない我が娘。

何もすることなくて、3DSか、タブレットで、YouTube観ているならば、東京交響楽団の皆さんの演奏を聴きにいく。
ほうが、ずっと良い。

放っておくと、すぐにゲームか、タブレット。目下のところ、対策に、奮闘してますね。


20161210_1.jpg


周防亮介さん、良くテレビにお出になられていますね。テレビ朝日の「題名のない音楽会」にも、今年、出演されていました。


Comment

NoTitle 

本物に触れる。。
いいですよね。
意味が分からなくても。。。
きっと、その良さは分かってるはずと。。。
そう思って、あちこち見せるようにしています。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/11 23:49分 
  • [Edit]

Re: うちの子。 

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 本物に触れる。。
> いいですよね。
> 意味が分からなくても。。。
> きっと、その良さは分かってるはずと。。。
> そう思って、あちこち見せるようにしています。


そうですよね。
この親の努力を、もう少し汲んでくれると良いんですけどねぇ。

うちの娘は、興味がないことは、ホント。スルーです。(苦笑)
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.12/12 17:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

月と星と妖精ダスト

七夕の日に、流れ星が流れます。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ