For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

副籍交流3回目。(2016年度)

昨日、前回。音楽の時間の交流だったのに、音楽の先生の事情で、美術に急遽。
変更になった為、本人は、音楽。と思って、学芸発表会で、みんなが唄うという、歌を、支援学校でいる間も、
休み時間などに、担任の音楽先生と一緒に練習までしていました。

2回目はここ。

なので、本人は消化不良。
みたいな形で、終わっているようだったことと、交流クラスの学校の先生たちが、"練習してきた。"ということで、気を使って下さって。

・・そう、練習したもんね。みんなと一緒に唄わなきゃね。

ということでの、急遽、設けられることになった、交流。

事前に、歌う曲の楽譜とCDは、1ヶ月くらい前に、コーディネーターの先生を通して、頂いていたので、夏休み明けから。
少しずつ、練習はしてました。

今回は、体育館の舞台に、みんなと並んで、立って歌う。教室に帰って、パート毎に、それぞれ練習する。
交流クラスの担任の先生が、そのまま、帰りの会までいる?

と、提案されたけれど、(親の私は、おぉ、OK!)本人は、疲れたと拒否。

結局、そのまま帰ってきましたが、いやあ。
定型発達の中学生との交流。

やってみるものですね。じゃないと、わからないかも。

もう、彼等は、自分とは違って、娘には、障害がある。ということを、完全に理解して、その上で、対応してくれてるんです。
舞台に立った時、列に並ぶ、舞台に立って歌っている時も、娘がめくる楽譜の補佐を、隣にいる女子生徒が、自然に補佐してくれていました。


娘も、同じパートの子に、積極的に話し掛けたり、それにその子も応じていたりして、やはり、敬遠せずに。
触れ合わせないと、お互いに解らないこと。

・・絶対にあると思いますね。

娘と、みんなが歌っていた、「行き先」という歌。
とても良い歌詞と、メロディです。

中1のみんなに、ピッタリ!

等身大の皆に、合っている曲だと思う。
みんなの唄う声に、感動して、オバさんは、泣きました。

来週の学芸発表会。みんな、頑張ってね!
1年生、最初の合唱だそうです。

Comment

 

周りのお子さんんも、自然に。。。
サポートしてくれる。。。
そういう環境って大切ですよね。
いや、そうあってほしいですよね。
積重ねたもの。。。ですもんね。
いつまでも、そういうお友だちがいてほしいですね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2016.10/23 22:48分 
  • [Edit]

Re: 先生の声かけ。 

HANG ZEROさま。こんばんは。
いつも本当にありがとうございます。

> 周りのお子さんんも、自然に。。。
> サポートしてくれる。。。
> そういう環境って大切ですよね。
> いや、そうあってほしいですよね。
> 積重ねたもの。。。ですもんね。
> いつまでも、そういうお友だちがいてほしいですね。

事前に子供たちへの声かけはあったのかも、知れませんが、
それを考慮しても、舞台に立った時。
の、隣にいた子の補佐が、本当に自然でした。

支援学校のコーディネーターの先生が、副籍交流をする前に、交流クラスの子供たちに、
理解啓発活動の授業をしてくれたんですね。

それで、うちの子が、交流に来るよ。と、子供たちの中では、既に認知されている。
気はします。

こうして触れ合って、お互いを解っていく。
って、大切ですよね。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.10/23 23:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

フラワードーム

舞う花を、Wクリックしてみて。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ