For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

あいうえのプログラム、「うえの! ふしぎ発見:サイエンス&アート部」

あいうえのプログラム、「うえの! ふしぎ発見:サイエンス&アート部」に、参加してきました。

*museam start あいうえの

2年振りのあいうえの。ですが、スタッフさんや、過去に参加された子供たちと、その親御さんたちなどの、地道なSNSなどの書き込み。宣伝活動などで、だいぶあいうえの。
という取り組みが、世間に認知されてきた感があります。

今年で、4年目ですかね。最初は、東京都美術館と東京藝術大学が、中心となって始まった活動ですが、今は、東京国立博物館や、西洋美術館、東京文化会館などにその取り組みによる影響が、少しずつ広がってきましたね。

プログラムは、全て。
事前申し込み制で、応募者多数だと、抽選になるのですが、各プログラムは、定員20人~30人。
今年度から、児童養護施設や、障害者施設の子供たちなど、あいうえの。のプログラムに呼んで、アートに触れる。
というようなことも、プログラムに加わりました。

あいうえの。の基本精神が現れていることが、良く解ります。

前置きが長くなりました。すみません。

今回は、東京都美術館と、国立科学博物館の展示を観て、ひとつの言葉の辞典を作ろう。というのが、テーマ。

集合が、午前9時45分。家を8時前の、バスに乗らないと、受付時間までには、間に合いません。
前日の角松さんのショーが、夜7時半のものだった為、お風呂入って寝たのが、娘はほとんど零時。

それでも、久し振りのプログラムの参加。なので、どうしても行きたかった。
例によって、子チーム、親チームと分かれての行動。

DSC_0141f.jpg

「CHI VA PIANO VA LONTANO」/國安孝昌  東京都美術館 「木々との対話」より。

この木たち、どうやって入れたかというと、ばらして、中で、組み立てたそう。それなら、納得。
この日が、展覧会。最終日。ちょっと人が多かったんですが、学芸員さんたちの案内もスムースで、混乱はなし。

DSC_0131n.jpg

国立科学博物館/地球館内にある、蝶の標本。↑

↓これが、娘が作ったほう。娘のグループは、"するする"

すばやくなめらかに動くようす。を、連想される(感じると思うもの)展示物を、写真に撮って、

どこからそう思った?

科学博物館は、生命の花。
生命の花のしたからのせんが、するするとみえました。

他にぴったりのことばは?

せいめいのエネルギーが、けんこうじょうたいにみえた。(*’U`*)
花の木のところが、ねっこにみえた。

けんこうじょうたい。ねぇ。笑。そう、きたか。
とても、何か娘らしい。

人一倍、字が娘は、大きかった。

東京都美術館の木々の対話は、娘は、私と同じ土屋仁応さんの、鳳凰を選んでいました。
カメラで、本人が撮ったのね。尾っぽと言えず、うしろのふぶんと説明してるのも、彼女らしいです。

20161002_50.jpg

↓こちらが私。

木で、"ゆらゆら"
を、連想させるものを、探すのは、少し難しかったですね。

で、選んだのは、土屋仁応さんの、鳳凰。
尾っぽが、揺れる。空を翔んだ姿。で、尾がゆれる?かな。とか。(笑)

20161002_49.jpg

国立科学博物館/地球館で、私が選んだのは、花のリンドウ。

群生していて、風が吹いたら、ゆれる。とか。

簡単そうに見えても、やってみるとそう易々と出来なかったよ。

DSC_0148a.jpg

最後に。
終わったあと、国立博物館に行って、日本国宝を、いっぱい観てきました。
以前、行った時、入り口に、物凄い人が並んでいて、諦めたんですね。
それに、上にのぼるように、大理石の階段が、ここは荘厳に見えて、いつかその写真が撮りたいなと。念願が叶って良かったです。

娘は、はにわに、いたく興味を示して、館内のミュージアム・ショップで、子供向けに、わかりやすく書いてある、はにわの本があって、はにわのぬりえと、どちらがいいか。選択させたら、本を選んだ。やはり、本好き。そうだと思ったよ。(苦笑)

20161002t.jpg

こんな昔の人たちが、着用した甲冑も、幾つかあって、かなりの迫力。

いつも国立科学博物館ばかり、行きたがるから、そっちばかり優先しちゃうんだよね。
もっと、早く来れば良かった~!と、後悔したくらい。

行って良かった。ビビハドカタブックのバッチ、貰うだけじゃなくて、その貰いに来たことを、きっかけにして、中に入る。
芸術に触れる。感じたことをノートに書く。
そうすることに、意義があるのだと、私と娘に、気付かせてくれた、あいうえの。という取り組み。

巡り会えたことに、心より感謝します。
次は、12月のあいうえのスペシャル(旧ホームカミングデー)に、参加予定です。


因みに、各施設の展示物の写真撮影ですが、常設展示や、国宝なども、撮影が、許されているものも、かなりあります。
ここで私が撮ったものも、その一つです。

Comment

すごい。 

やっぱり、東京の博物館ってすごいなー。
調べて、書くのおもしろそうだね。
息子も国語の授業で、調べて紙をとじて本みたいなのを作ってくるよ。
でも、実際博物館でテーマをきめて調べて作るのはいいよね。

国立博物館、一度いってみたいなー。
  • posted by たけのこさん 
  • URL 
  • 2016.10/04 08:10分 
  • [Edit]

Re: すごい。 

たけのこさん、こんにちは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> やっぱり、東京の博物館ってすごいなー。
> 調べて、書くのおもしろそうだね。
> 息子も国語の授業で、調べて紙をとじて本みたいなのを作ってくるよ。
> でも、実際博物館でテーマをきめて調べて作るのはいいよね。

とても良い取り組みですよね。2年前に、初めて参加させていただいてから、
この活動を知ったのですが、当時。に比べると認知度は、確実に、上がってきていますね。

> 国立博物館、一度いってみたいなー。

先日、世界遺産に登録された国立西洋美術館とか、
東京文化会館など、建物そのものが、歴史が、あるところが、上野恩賜公園は、
多いですよ。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.10/04 10:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

フラワードーム

舞う花を、Wクリックしてみて。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ