For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

副籍交流2回目。

今日は、地域中学校での、副籍交流があったので、娘に付き添い、一緒に参加してきました。(原則、保護者の付き添い)

当初は、音楽の授業と聞いていたのだけど、地域中学校の音楽の先生が、急に体調を崩し、授業の前に、病院に寄ってから来る。とかで、午後1時までに、帰って来られなかったらば、美術の授業に代わる。
ということで、両方の授業に参加してもいいように。という準備をして、出かけました。

午前中は、いつものように、特別支援学校に、行って、授業を受けて、私が迎えに行き、駅前のデニーズ。
で、お昼ご飯を食べてから、自宅経路のバスに乗り、家最寄りのバス停より、一つ先のバス停で降りて、中学校へ。

いやあ、中学生って、見ていると実に面白い。(゚∀゚)

1学期に、1回目の交流がありましたが、2回目になると、交流クラスの子も、そうなのですが、他のもう一つのクラス(1年生は2クラス)の子たち。

が、娘に興味津々で、教室を出たところで、授業が終わったあと集まっているんですね。w(゚o゚)w

みんな、決して軽蔑の視線を向けている訳ではなくて、娘に、声を掛けたいけれど、どう、声をかけていいか、わからない。
遠巻きに見ている。そんな感じかな。興味あるのなら、話しかけてくれれば、良いのに。(笑)

なので、娘から、手を振って、バイバイ。

すると、振り返してくれる。
去年までの、地域小学校との交流では、○○ちゃん、何してるの?

とか、間に、クッションがないんですよ。無邪気というか、6年生でも、やっぱり小学生だな、と。

片や中学生は、心身共に思春期に向かって、発達が、より顕著に、なっている時期。
もう、娘が、自分たちとどこか。違うことも、どんな障害が、あるのか。どんな、学校に、行っているのかも、こちらが、特に何も言わなくても自然と、気づく子供達です。
そういう意味では、交流は、ある意味。とても気が、楽。とは、言えるかな。

今回は、結局。美術の授業になって、美術の先生と会うのは、今回を含めて3回目。
1度目は、副籍の打ち合わせで、会いました。美術の先生は、この中学校のコーディネーターの先生でもあるので。

なので、娘は、顔を知っているので、自然と認知、出来ていました。それから、交流クラスの担任のH先生のことも。


20160930_1.jpg


娘のいる支援学校主催で、教育委員会の協力のもと、11月に、毎年。やっている副籍交流の報告会というのが、あって。
その報告会で、例にとる題材として、娘の副籍による交流状況を、取り上げたい。

ということで、娘の学校のコーディネーターの先生が、カメラ持参で。(苦笑)
事前に、しても良いかの、確認は電話で、いただいて了承ずみ。

夫が、カメラ小僧なので、カメラに慣れているはずなのに、他人に撮られるのは、恥ずかしいらしい。笑。

今年で7年目に入りましたけど、本人が、交流を嫌がらない限りは、残り2年間(中学部が終わるまで。)副籍交流は、今のところ。
継続するつもりで、います。

副籍交流というのは、支援学校にしかない制度なのです。今のところね。
小学生だと、まだ娘のように、直接、触れ合うことを、希望する親御さんは、多くいます。
が、これが、中学部になると、1年生~3年生で、3分の1くらい。
・・に減ります。

これが、高等部には、何故ないのか。むしろ学年が上がればあがるほど、交流は、必要性がある。
と思うのだけどな。
それに、私は思うのです。

地域社会で、こういう子います。理解して下さい。と障害を解って貰おうと、本気で思う。

ならば、住まいがある100km~300kmくらいには、公言するくらいでないと、障害児について。理解なんて、皆無よ、皆無。

白い目で見られる、恥さらしになるとか。そんな目を気にしていたら、社会が変わらない。
少しの勇気を持てるかどうかで、自分自身の世界が変わるんです。

互いに、触れ合ってこそ。
知るのですもの。

内にこもってどうするの。まずは、障害があるほうから、動かなきゃ。働きかけないと。

私は、そう思って、迷いましたが、今年も、直接交流を、続ける。
ことを選択しました。

それが、間違っていたのか、正解だったのか。は、1年生が終わらないと、わかりません。
だけど。

これは、いずれ。娘にとって、必要なこと。だったと、言える結果に、なると信じています。

Comment

よかったね。 

気負わずに続けてきたからですね。
娘さんも自信ふかめてよかった。
  • posted by たけのこさん 
  • URL 
  • 2016.10/03 12:22分 
  • [Edit]

Re: よかったね。 

たけのこさん、こんにちは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 気負わずに続けてきたからですね。
> 娘さんも自信ふかめてよかった。

ありがとう。

小学生のときと、違うのは、無邪気さというよりも、
冷静さっていうのかな。

解っていて、みているので、言葉を選んで、話しかけてきてますよ。
中学生って。

肝心の娘は、相変わらず。ゴーイング・マイ・ウェーだけどね。(笑)
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.10/03 13:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ