2016_06
19
(Sun)22:00

東京都交響楽団 「プレミアムコンサート」

今日は、昭島市のホールで、開催された東京都交響楽団のコンサートに、娘と二人で行って来ました。

因みに定期的に、行っている東京交響楽団とは、別のオーケストラです。
こちらは、東京と交響の間に、都が入ります。

都が入っているか、入ってないか。で、ちょっと紛らわしいけれど。(><)

2ヶ月くらい前の、新聞の折り込み広告と一緒に、入る。都の広報誌に、コンサートの情報が出ていて、ネットで応募。
(都民なら、誰でも応募可能。申し込み多数、抽選。)

で、このプレミアムコンサート。都響が年6回、開いている無料のコンサートなんです。

それだけでも、凄い!けど、(もっと凄いのは)プログラムの中に、指揮者体験コーナーを作って、コンサートの中で、「体験したい人」を、募るんですよ。
事前に抽選で決めているのか?と思いきや。その場で挙手すれば、目に止まった人を選んでくれる。

クラッシックを、より身近に。都響をもっと、知って貰うために。

都響の皆さんが、努力しているのが、伝わってくる楽しいコンサートでした。

今回は、演奏曲目の紹介を、元テレビ朝日のアナウンサー、浅岡 聡さんが、務めて下さって。
聴くには、敷居の高いクラシックの名曲集を、独自の目線と語りで、わかりやすく説明してくれます。
これが、本当に、わかりやすくで良かった!です。

昨年の東京交響楽団さんの、「惑星」の時も、そう思いましたけど、浅岡さんの語り部は、変にかしこまってない。
のが、いいと思う。

今回の演奏曲目は、5曲。アンコールは、ビゼーの、くるみ割人形を含むカルメン。

娘は、カルメンに一番、反応しました。
それと、終始。指揮者の梅田俊明さんに。(笑)

梅田さんは、ここ2年。
娘の支援学校に、東京交響楽団の皆さんと一緒に、指揮をしに来てくれている方。

娘にとっては、それだけで馴染みがあり、親近感を持っているよう。

コンサートが終わって、帰る電車で、都響の楽団員の、お二方と会いました。
娘がすぐに気がついて、手を降って、愛想ふりまき~!

同じ駅で降りる時、少しお話ししました。
楽団員の方たちも、私と娘のことは、覚えていて下さってそれだけで恐縮。

何か、凄い奇蹟。その一本前の電車には、浅岡さんが乗ってました。

大きな楽器。ドラム、太鼓、ハープ、ピアノなどは、楽団の専用のトラックで、運搬されますが、
弦楽器、管楽器などは、自費で移動。それが、オーケストラでは、基本です。

華やかさだけではなくて、地道な苦労も、あるのが、オーケストラだと思います。

・・知れば知るほど。私は、はまってますね。

20160619_1.jpg

コメント

No title

素敵なつながりですね。
本物に触れることと、それを実際に苦労して体現されている方々に触れること。。。
とっても有益ですよね。
我が家も、出来るだけその道のプロと会話できるようにと思っています。

2016/06/20 (Mon) 20:26 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 知るということ。

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 素敵なつながりですね。
> 本物に触れることと、それを実際に苦労して体現されている方々に触れること。。。
> とっても有益ですよね。
> 我が家も、出来るだけその道のプロと会話できるようにと思っています。

私もそう思います。

まず、触れないと解らないですもんね。
本人が、好きになる。なんてことがあったりするから、初めて。
のものに、まずは触れる。
ってことから、かな。

継続しなくても、良いから。
色んな職業がある。

・・と、知って貰いたいなと思いますね。

2016/06/20 (Mon) 23:09 | みかん | 編集 | 返信

本物

やっぱり本物がいいよね。
わたしも少しずつがんばりたいです。

2016/06/21 (Tue) 23:11 | たけのこさん | 編集 | 返信

Re: 本物

たけのこさん、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうごさいます。


> やっぱり本物がいいよね。
> わたしも少しずつがんばりたいです。


にわか、オーケストラは駄目よね。
そういうのは、発達障害児でも、何となく。だけど、わかるよ。

奏者が、本気で吹いてるか、ひいてるか。
聴く耳というより、感覚で、何故かわかるみたい。

オーケストラの皆さん。
自治体の協力を受けて、無料コンサートなど、定期的に開いています。


彼等の努力。もっと、認知されて、報われてもいいと思うな。

娘は、優雅に弾く。ハープが一番、好きなようです。

2016/06/21 (Tue) 23:34 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック