2016_05
29
(Sun)22:55

「しつけ」で山林に置き去り、小学生が行方不明 北海道/朝日新聞デジタル

「しつけ」で山林に置き去り、小学生が行方不明 北海道/朝日新聞デジタル


このニュース、本当なのかな。

にわかに、信じがたい。

いくら、人に石を投げたりするといっても、そのまま。
山の中に、子を置き去りして、帰ろうとする?

・・しないでしょう。常識的に考えると、ね。

これは、あくまでも。
私の考える推測だけど、たぶん。このお子さんは、発達障害の疑い、もしくは、そうなのかも知れない。

普段から、この子の両親は、手を焼いていたのだろうね。
だから、頭に血が上って、「置いていく。」としたのでしょう。

発達障害の子供たちって、暴力的になる子と、そうではない子がいて、どこでそうなるのか。
発達障害を育児している親たちにも、その違いの有無は、解らないのよ。
特性として、みな、その特徴や要素が、見受けられるから。が、解らない理由。

ただ、言えることが確か。
なのは、暴力的な行動をとるということは、子供自身が、出しているSOSなんだと思います。

この子は、自分を、親に理解して欲しいのでしょう。でも、怒るばかりで、(自分がすることに対して)手が出てしまう。
自分に対して、理解を示してくれない、と。

ADHD、ADDのお子さんに、こういうこと。多くないかな。

もう、丸一日。経っていますから、水など飲んで、いないと、命が危ぶむリスクが高くなってきます。

何も持ってないそうだから、あと1日くらいのうちに、見つけてあげることが出来なければ、最悪の結末。
ってこと、あり得ます。

何とか、早く。見つかって!!

祈るしか、ない。

コメント

みつかってほしい。

なんでもいいからみつかってほしいです。
半袖らしいです。
洞穴でも、なんでも、すこしでも、夜露をしのいでいきてみつかって!
その後どうなるのかな。
こどもは、親の愛情と保護を受けて育つものなのに、こういう、運命を持った子を事前に助けることできないだろうか?

2016/05/29 (Sun) 23:55 | たけのこさん | 編集 | 返信

Re: みつかってほしい。

たけのこさん、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。


> なんでもいいからみつかってほしいです。
> 半袖らしいです。
> 洞穴でも、なんでも、すこしでも、夜露をしのいでいきてみつかって!
> その後どうなるのかな。
> こどもは、親の愛情と保護を受けて育つものなのに、こういう、運命を持った子を事前に助けることできないだろうか?

しつけじゃなくて、これは、立派な心理的虐待ですよね。

一度、置き去りにして、車を走らせたら、泣きながら追いかけてきたので、そこで一旦。
車に大和くんを、乗せたのだそうです。

でも、その後。再び置き去りにして、父親曰く、5分ほどして、置き去りにした場所に戻ったら、いなかった。

そういうことらしいのですが、まず、いくらしつけの為。

だからといって、山中に、小2の子を置き去りしていく。
なんて、親のすることじゃあ、ないですよね。

妻側の母親が、婿は普段はとても優しい。とか言ってましたが、
置き去りにした娘家族には、怒りはないのか。

何だかそれも不思議ですね。

2016/05/30 (Mon) 23:48 | みかん | 編集 | 返信

まだみつからないね。

本当にどうなってるんだろう。
置いてくといっても、普通なら、影で見てるよね。
または、お父さんが怒れば、母親がとめるよ。
暴力的な子に強くでると、それがもっと強く跳ね返ってくるよね。
みつかってほしい!!!

2016/05/31 (Tue) 09:06 | たけのこさん | 編集 | 返信

Re: まだみつからないね。

たけのこさん、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとう。


> 本当にどうなってるんだろう。
> 置いてくといっても、普通なら、影で見てるよね。
> または、お父さんが怒れば、母親がとめるよ。
> 暴力的な子に強くでると、それがもっと強く跳ね返ってくるよね。
> みつかってほしい!!!

一度、置き去りして、大泣きしている大和くんを、乗せて、また降ろしているからね。
本当にしつけ。

が目的なら、一度の置き去りでやめると思うよ。

泣くということは、もう充分、反省してるでしょう。

母親が止めなかったということは、夫に同調しているということ。じゃないかな。
とめるなら、もっと前に止めている、きっと。

車が2台。通ったと言っているけれど、信憑性は、薄いです。

もう3日、経過したから、命の存続があるのか。

調べなきゃ。

じゃないとFOXさんに会えないね。

2016/05/31 (Tue) 23:29 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック