For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

通学中の、嫌な声かけ。

これは、娘に起こったことではなくて、娘の同級生の子に、あったことです。

と前置きして。

娘の学年は、(中1)学校まで、一人で行き帰りが出来ているお子さんが少なく、同じ歳の子は、
娘とその同級生の子。だけなんですね。

なので、通学時間帯に、会うといつも一緒に、学校までの行き帰りを歩いているようです。

タイトルのそれは、娘が先週。発熱などで体調不良で、学校を欠席。した日に、
あったらしいと、他のお母さんたちから聞いて、「ちーちゃんがいたら、言い返してくれたのに。」。

・・私は、ごめんね。休んじゃったんだよ。としか、話に聞いた時は、返せなかった。

地域の小学校の生徒たちに、「お前、おばけ!」とか、汚い言葉を言われて、
この同級生の子は、動揺してしまったそうで、一人で通学。することに、嫌気が出ている。

ということでした。

しばらくは、親御さんが付き添って、登下校している。と聞きました。

その話を聞いて、思ったのですが、年齢的に考えると、そろそろ。もう、「お母さんが一緒に行ってあげるから、安心でしょ。」

ではなく、「私達(僕等は)、特別支援学校なんだけど、何か文句ある?」と、強く言い返す。
術を教えてあげるほうが、いいような気が、私はします。

心配なのは、理解出来るけれど、1人で通学。させるということは、そういった嫌がらせを、受ける可能性がある。ということも留意し、行かせる。覚悟を親は持っていないといけないと思うんですね。

全てが、優しいという社会では、まだまだ遠いこの国の社会だし、ね。


親が思っている以上に、子供たちは、時に残酷。
その言葉を理解して言っているかは、別にしても、何気なく発した言葉が、相手を傷付ける。
それに、子自身で、気付く年齢は、その子、その子によって、様々。違うのよ。

子供が解るまで、親が待って、手を出さないでいるのも、その後。
・・を考えると必要なこと。じゃないかな。

地域のこの小学生たちは、娘が通っている支援学校とは、年間の行事で、何度か交流があるんですね。
なので、多くの生徒さんは、黄色いカードを吊り下げていると、支援学校の子。だと解るはずなんです。

嫌がらせ。したのは、ごく一部の生徒だよ。と、他の同級生の子のお母さんが、言ってたけれど、全てを、偏見から、守れる訳ではありません。

これからの社会を、生き抜く力をつける為には、どうしたら良いのか。

・・考えること、かな。

Comment

悲しいね。 

相手が小学生ですよね。
なにか言うとバカにして、またわらいそう。
支援学校では、こういう場合はこう言おう、っていうの、おしえてくれないのかなあ?
また、早足で、その場を離れる、でも、いいかな?
そこまで、つきまとうだろうか?
相手がこどもだけに変な対応すると、反対に、こっちが悪い空気になる場合もあるし。
パニックにならず、怒りをコントロールし、適度に対応って、実は大人でもむずかしいのかも。
  • posted by たけのこさん 
  • URL 
  • 2016.05/20 09:37分 
  • [Edit]

Re: 悲しいね。 

たけのこさん、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。


> 相手が小学生ですよね。
> なにか言うとバカにして、またわらいそう。
> 支援学校では、こういう場合はこう言おう、っていうの、おしえてくれないのかなあ?

先生は、教えてくれているだろうけれど、本人が相手を怖がってるからねぇ。
その恐怖心を、まずは先に、取り除かないと、ダメらしいです。


> また、早足で、その場を離れる、でも、いいかな?
> そこまで、つきまとうだろうか?
> 相手がこどもだけに変な対応すると、反対に、こっちが悪い空気になる場合もあるし。
> パニックにならず、怒りをコントロールし、適度に対応って、実は大人でもむずかしいのかも。

無視して歩くとか、何か術を身に付けていないと、いずれにしても、ハンディキャップの子供たちには、
厳しいよなあ、と思う。

  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.05/20 23:01分 
  • [Edit]

No title 

周りとの距離感を教える。。。
周りの子どもにも接し方を教える。。。
学校の中で行われるはずのこと。。。なんでしょうが。。。
そこに触れない先生もいます。。。
我が家は、毎年、時間をとってもらって、子供達に話をします。
それでもわからない子も中には。。。
でも、仲間になってくれるこのほうが圧倒的に。。。
理解をしてもらう努力。。。
理解をする場。。。
もっともっと必要なんだと。。。
高学年になると余計に感じます。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2016.05/21 00:54分 
  • [Edit]

Re: 互いを知る場。 

HANG ZEROさま。こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。
ご返信が、遅れて申し訳ないです。


> 周りとの距離感を教える。。。
> 周りの子どもにも接し方を教える。。。
> 学校の中で行われるはずのこと。。。なんでしょうが。。。
> そこに触れない先生もいます。。。
> 我が家は、毎年、時間をとってもらって、子供達に話をします。
> それでもわからない子も中には。。。
> でも、仲間になってくれるこのほうが圧倒的に。。。
> 理解をしてもらう努力。。。
> 理解をする場。。。
> もっともっと必要なんだと。。。
> 高学年になると余計に感じます。

学校は、本当に、それぞれ。交流が、違うなと思います。
支援級も、支援学校も、地域、クラス単位で交流。それから、支援級と普通級の交流。
支援学校ならば、地域小学校、中学校など、学校間交流と、行っているか。

否か。で、最初の障害児へのとっかかりは、薄れる気がします。実感として。

もっと互い知る。時間、交流。
学校に関わる全ての大人が、そういう機会を設けることが、まず、最初にみんなが、しないと子供たちには、
大事な事が、伝わらないんじゃないかな。

1人が頑張ったら、そこから。小さな輪が、孤を描くように。繋がっていくのが、理想ですよね。

でも、この国は、歩みは、スローぺース。障害者理解については、特に。哀しいな。


  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.05/21 23:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

フラワードーム

舞う花を、Wクリックしてみて。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ