For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

地域社会で、障害者が生きること。

娘はPDD(広汎性発達障害)です。

3歳後半に判定を、受けて以来。
少なくとも、居があるご近所には、障害者であることを、隠さず伝えています。

そうすることで、困った時。助けになってくれるからね。

それと、障害は関係なく、ご近所さんとは、普段から友好的にいようと、努力はしているほうだと思う。
夫と私からの実家からの食品や果物、野菜などが送られてくると、私たち家族3人で、とても食べきれない。

などの時には、考えることなく、直ぐさま。ご近所へ。

障害があると、みな周囲に隠しがち。だけど、その時は、それで良いかもしれません。
でも、やっぱり。成長とともに、変わっていくし、本当に困った時。

誰に助けを求めますか?

一番は、やはりご近所さん。なんじゃないかな。

こう考えるのは、伏線があるから_______。

あれは、娘がいくつだったかなあ。幼稚園より前だったと思う。

私が、ゴミを住まいのアパートメントの下の集積所に出して、帰ってきたら。
ドアの鍵が閉まっている。

鍵を持って出なかった私は、ドアを開けることは出来ません。
でも、いつまでも戻って来ない母親を待って、ドアの前で号泣する娘。


当時。

私と夫が、ベビーザらスにあった知育玩具に、回す。というようなツマミがあって、それを娘はそれを覚えたばかり。
だけど、反対に回せば、開く。という概念は、この時の娘にはなかったんだよね。

出ていく母親を追って、回してしまった。(;_;)


携帯電話あったけど、家の中に置いたまま出たの。
まさか。娘がこんなことをすると思わなかったなあ。

そもそも、私が、「すぐ階下だから、大丈夫だろう。」と鍵を持って出なかった事に、非があるのだけど。

この時、私自身も気が動転していて、家から少し離れたところにある派出所にいるおまわりさんに、助けを求めに。行ってしまって、尚更、時間がかかってしまい、娘はますます号泣。
(もっと近所に、大きな警察署があるのです。)



結局、その後。

ご近所さんである、先生の家の電話を借りて、アパートの管理会社に電話をかけることが出来たんです。
このときは、幼稚園の先生であることも、存知ず、娘の障害のことも、伝えてなかった。

(結局、この出来事のあと、先生のいる幼稚園に、3年間御世話になることになるんですが。)

我が家。

この週末。


その先生が、娘に。ということで、中学の入学祝いを下さったんですね。

「一緒に成長を見守らせて、貰ったことに感謝して。」

という意味で、差し上げます。ということだったので、私は、それだけで涙でした。


周囲に、理解者がいない。
・・というけれど、本当にそうでしょうか?

家族で、鉄壁の檻を作って、他人は入れない。ようにしてみたりしてませんか?

少なくとも、子と親が行動する範囲内では、障害の告知は、しておいたほうが、絶対。いいと思います。

伝えておくことで、相手は、そう思って接してくれますから。

知っているからこそ、子が、生きやすい。場や社会を、用意してくれるんです。
逆に恐縮しちゃいますが。

でも、知っている。知らない。では、大きく。
違うと思う。

必要なのは、少しの、親御さんたちの、心の勇気。

Comment

No title 

社会参加をいかにさせるか。。。
どうかかわっていくか。。。
地域であり、お友達であり。。。
そう思って、あちこちに連れ歩いてます。
幸い、本人の性格もあり、今のところは。。。順調なのかも。。。
ホント、支えてくれる人。。。
親がいなくなっても地域でそうあってほしいと。。。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2016.04/11 21:26分 
  • [Edit]

Re: 本当に 

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。


> 社会参加をいかにさせるか。。。
> どうかかわっていくか。。。
> 地域であり、お友達であり。。。
> そう思って、あちこちに連れ歩いてます。
> 幸い、本人の性格もあり、今のところは。。。順調なのかも。。。
> ホント、支えてくれる人。。。
> 親がいなくなっても地域でそうあってほしいと。。。


たぶん。

障害者を持つ親も、子も、そしてその親たちと関わる地域の人たちも、
触れあうことで、意識を変えていく。

そういうことも、きっとこれからもっと、必要にはなってくるんんじゃないかと思いますが、
障害があるから。

と、全く社会と遮断するのも、させるのも、良くないですよね。

障害を晒すようで嫌。だという親御さん。

の気持ちも、理解は出来る。けど、それでは障害者のことを、解って貰えない。

それには、やっぱり。
勇気を持って、外に出る。

・・ですね。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.04/12 23:17分 
  • [Edit]

そうですよねー 

地域さんか、大切ですね。
幼稚園は、学区ではなかったし、地域という感じではなかったけど、小学校は、地域そのもの。
支援クラスに入ってるので、少しずつ、お願いすることになるとおもいます。
息子の希望で、小学校の料理クラブに入りました。
つきに一回、休みの時にあります。
そういうところからも、お願いすることも、おおくなるかな。
まわり、女子ばかりかも?
町内の地域の委員とかもあったりしてがんばらなきゃな。
地域も、学校の先生も温かいです。
息子、楽しくかよってまーす。
  • posted by たけのこさん 
  • URL 
  • 2016.04/13 08:20分 
  • [Edit]

Re: そうですよねー 

たけのこさん、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。


> 地域さんか、大切ですね。
> 幼稚園は、学区ではなかったし、地域という感じではなかったけど、小学校は、地域そのもの。
> 支援クラスに入ってるので、少しずつ、お願いすることになるとおもいます。
> 息子の希望で、小学校の料理クラブに入りました。
> つきに一回、休みの時にあります。
> そういうところからも、お願いすることも、おおくなるかな。
> まわり、女子ばかりかも?

お料理?!

いいなあ。そういうのあるの?
みんなで作りたいもの。募って、実際に作るのかな?
何かとても楽しそう! *(^-^)*


> 町内の地域の委員とかもあったりしてがんばらなきゃな。
> 地域も、学校の先生も温かいです。
> 息子、楽しくかよってまーす。

本当に良かった!です。v-411
勉強や友達と仲良くするのは、もちろんだけど、やっぱり一番なのは、
毎日、楽しく通える。ってことだもん。

  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.04/13 22:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

フラワードーム

舞う花を、Wクリックしてみて。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ