For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

最寄り駅から学校まで。

今までは、月曜日は、自宅近くのバス停から、公共機関のバスを使い、学校まで。
の道のりを、"最寄り駅のバス停留所で、降り、娘を先に歩かせ、一人で、入り口を開けて入る。"

まで、付き合っていましたが、駅までは一緒にバスには乗車する。
けれど、駅からは学校までは、一人で行って下さい。


と、今日から。することにしました。来週の月曜日は、同様に帰りもです。

親の、一抹の不安をよそに、もう。

ちゃんと学校まで。

一人で出来ていました。

この訓練を何回か、繰り返したら、もう学校まで。
は、一人で行けますね。

私と娘。

互いに、親離れ&子離れが、出来てないだけ、ね。

時には、さあ、行って。
と、突きはなす勇気は、親は絶対、必要になると思います。

障害児の親をしていると、なにもかも、手を出したくなるけれど、そこをこらえて。
育児する。

じゃないと、たぶん。本人の、やってみる、やりたい。という気もちにつながらないので、親の声掛けは、大事かもしれません。

Comment

タイミング 

やっぱり、いいタイミング、いい時期、など、考えながらの声かけが大事だね。
支援学校は、すこし遠い場合もあるものね。
自立にむけてファイト。
  • posted by たけのこさん 
  • URL 
  • 2015.10/27 12:54分 
  • [Edit]

No title 

頑張りましたね。。。
母子ともに。。。ですね。
一歩ずつ。。ですね。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2015.10/27 22:33分 
  • [Edit]

Re: タイミング 

たけのこさん、こんぱんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> やっぱり、いいタイミング、いい時期、など、考えながらの声かけが大事だね。
> 支援学校は、すこし遠い場合もあるものね。
> 自立にむけてファイト。


今は少し遠いかな。

娘が高2か高3。

で、市内の別の場所に、校舎が移転するんですね。
こちらのほうが、娘的には、楽かも。

公共機関のバスもあるけれど、徒步で行く。ほうが、近いから。


たぶん、どこかで。

・・の思いきり。出してしまえば、あれよ、あれよ。と出来ること。

多いんじゃ?ないかな。

出来ないと考えているのは、親だけかもしれないよ。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.10/27 22:38分 
  • [Edit]

Re: きっと、やれば出来る。 

HANG ZEROさま。

こんばんは!

本当にいつもどうもありがとうございます。

> 頑張りましたね。。。
> 母子ともに。。。ですね。
> 一歩ずつ。。ですね。

もう、娘は私がいなくても、出来るんです。

ただ、PDD故の、人が離れると、不安になる。
という、特出した要素がじゃましているだけ。

何かあったら、親や担任の先生と、直接。
繋がるツールがあったら、もう大丈夫。

そこまで、親の私は、解っています。今、付き合っているのは、娘の甘えから。

それが解っているからこそ。
段階を踏むことにしたのに、先廻りしていて、朝。学校まで、別のルートでいったら、"何でお母さんいるの。"

って言われました。

離なす。勇気ひとつで、きっと。

大きく変わる。
特に、支援が必要なお子さんを養育しているなら、尚更。

離なす時や、そうしなればいけないときは、必ず来ますから、そのときに、親が、パッと離せるか。
その子にとって、人生を左右するくらい、大事だと、私は思います。

だけど、すべてそう、うまく行くとは限らないから。
障害児を育てる。というのは、ある意味。とても難しいということですね。

でも、だからといって、彼らと本気で向き合うことは、やめてはいけません。
心で向き合ってこそ。子に伝わるんですから。


最後。
偉そうなこと、書いてごめんなさい。

  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.10/28 23:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ