2015_10
19
(Mon)23:44

娘の公共機関を使った一人通学、その後。(子離れ&親離れ)

毎週、月曜日だけ。

SBに乗車しません。として、始めた公共機関を使った一人通学。

娘は、もう何のバスに乗って、どの停留所で降りて、どこを歩けば、学校に着く。

これを理解出来ています。
なので、もう親の付き添いなく、一人で通学出来ると思う。

以前、SBのバス停が、1.5kmくらい先だった年があり、その距離を1人で、行って帰って来られていたから、
あとは、本人のやってやろう!という勢いだけ。

それとあとは、いつ。
・・・だけなんだよね。

「さあ、行って。」
と、私が娘を、突き放すか。

今朝、担任の先生と話しました。

娘のことを、こんなにも理解し、接してくれている先生は、小1~小3になる春まで担任になったE先生以来、2人目。
あと、中学まで数ヶ月。離れるのが、惜しい。

それぐらい娘の、一挙一堂を理解している先生です。たまにキズなのは、娘の障害を、過大評価しすぎ。なところだけれど、親以外に、理解してくれている。唯一の大人。

その、先生が、「お母さん、心を鬼にして下さい!」と。

解っていることを、突かれて、私。動揺。(苦笑)
でも、その必要性は、先生に言われるまでもなく、既に、私の中では、ずっと解っていました。

我が家は、一人っ子。
愛着障害の傾向があるのは、きっとそれも関係していると思う。その上、児童デイサービスなど、障害者が受けられる福祉サービスは、一切。
利用していないし、親から離れる。ということがあるなら、学校以外だったら、絵画教室しかありません。

もっと、離す機会を、設けていたら、離れることで、不安。
を持つ、感じる。ということは、軽減。出来たかも知れませんね。
児童デイサービス、もっと早く利用していたら、良かったな。

ずっと、同級生のママたちには、利用しなよ、と言われてましたが、何より、私がその必要性を感じてなかったから。
手続きをしなかったんです。

親が、子に関わらない。時間を多く持つことが、互いに、子離れ&親離れを、促進するのか?
かどうかは、定か。ではないけれど、親と子。の密着率が高ければ、高いほど。

子が親から、離される。ことで、不安感を感じる子が、多くなることは、確かのよう。

以上を踏まえて。

次週、月曜日。

家から、最寄りのバス停まで、行き公共機関のバスに、親子で乗り、学校最寄り駅のバス停で、降り、そこから、私より先に、娘を歩かせ、学校へ。

としていましたが、学校までの最寄り駅、までのバスには、一緒に乗る。
けれど、駅から学校までは、一人で行く。

それが出来たら、帰りも駅まで歩き、家までのバスが来る停留所まで、しよう。

それを、何週か繰り返して、あとは、自宅近くのバス停から、バスに乗って、学校まで一人でいく。
12月末まで。

出来るようにしよう。と、親子で約束。

担任の先生が、仰るように。

その先にある将来を考えると、きっと、今が正念場。

3学期は、今年度の申請通り、月曜日だけSBに乗車しない。
を、公共機関を使って、一人で通学出来ているのに、そのままの申請で通すのか。


年度途中で、変更可能なのか。それも確認中。

とにかく。
この年度内で、一人で、公共のバスを使って、家までの行き帰りが出来ること。

私と娘の目標です。


今、ここで。

断ち切らないと、娘は、何かにつけ、親を頼る術を、身につけてしまう。
と思う。

既に、その片鱗が見えていて、痛くないのに、痛いふりをし、「お腹、痛い。」という。

4周、走りたくないから、なんですね。

それも、親が、一人っ子。だからと、可愛い、可愛い。と、甘やかしてきた結果。
なのかな。って、少し、思います。

バスに乗車している時は、不安な顔、表情です。と、今、思えば、最初に受け持ってくれた、先述のE先生が、仰ってました。
入学当初から、その片鱗があったのよね。

・・べったりしすぎ。良くない。反省しても、反省は、足りないかな。(苦笑)

理想は、金澤翔子さんの、お母様。
ああいう風に、子供に生きる術を教えていけたら、出来ない事も、いずれは、出来るように。

なると思う。

コメント

No title

難しいですよね・・・
分かっていても。。。
実は。親がさみしかったり。。。なんですけどね。。。
でも、子離れ。。。
障害を持つ子供には、健常児より早く必要かもと思いつつ。。。
できないです。

2015/10/20 (Tue) 22:44 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: でも、心を鬼に。

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。


> 難しいですよね・・・
> 分かっていても。。。
> 実は。親がさみしかったり。。。なんですけどね。。。
> でも、子離れ。。。
> 障害を持つ子供には、健常児より早く必要かもと思いつつ。。。
> できないです。


私もそう思って、出来るのに、手を出してしまったり、こっちおいで~とか、やってみたり。
私自身も、親離れが出来てないと思います。

でも、心を鬼にしなくてはいけない瞬間って、いずれ。
必ずどこかでやってくるんですよね。

うちは、まさに、現在。
もう、学生生活が終わるまで、6年しかありませんから、出たくなくても、出されちゃう。

その後でも、支援学校の大学とか専門学校のようなところが、出来た。というような話を聞きましたが、
まだ数はそんなに多くないですしね。

正直、娘は職業スキルを付けさせる為の支援学校を受験するだけの、能力は、二段くらい階段を上がらないときっと厳しいです。


親が、覚悟と責任を持って、出さないと駄目なんだなと。

出したくないけれど、一人で行く。ことが出来ないと、会社は採用してくれませんから。

高等部に入って、さあ、やろう。とすると、就職活動の為の現場研修があったり、見学があったりして、
途端に、中学までのゆったりした時間がなくなり、一気に就労の為の授業にシフトがいくので、一人通学。

の為の時間の練習が負担になったりするんです。

それを考えたら、小学生のうちに、一人で行けるようになっている。

娘には、大切なことかなと思うんですね。

泣いても、笑っても。あと6年。

障害があるから、発達が遅いから。

だからこそ、それに合わせた支援教育が必要なのに、
健常の子供たちと、年齢が一緒だからと、社会に同時に、出されるのは、
何だか納得がいかないですよね。



2015/10/21 (Wed) 00:14 | みかん | 編集 | 返信

公共の交通

やっぱり、心配なところはありますよねー。
昔よく、路面電車に乗っていったな、ばあちゃんのところ。
実は実家はコミュニティバスの停留所に近いの。
小学生になったら、一人チャレンジさせてみよう。

支援教育って、なんでもひとくくりにするけど、世の中は複雑になるし、障害の種類はさまざま。受け入れてもらえてないなと感じることは多いよ。
少しでも自分でできることを増やしてあげたいし、自信をもたせてやりたいなあ。
息子、縄跳びチャレンジ、先生に見てもらうのは二回しかできなかったけど、いままで、見てもらうことさえできなかったので、じぶんからみてもらえたことに拍手。

2015/10/21 (Wed) 07:32 | たけのこさん | 編集 | 返信

大丈夫^_^

ついに…
いよいよって感じなのかな。

個人的な見解だけど、
ちーちゃんと相談して決めた事ならば、ひとりっ子だろうがスッとできると思います。
なぜならば、それまでに、いーっぱいみかんさんからの愛情をたっぷり受けてるから。
だから、いざやろう!と決めた事には頑張れる。
もし不安になりかけても、その時はいつでもみかんさんがいるから大丈夫、と思えると、私は確信しています^ ^

ちなみに私も放課後ディは利用していません。
確かに誘われたりもしましたが、ウチの場合は、日々学校でちょい背伸びしながら頑張ってるの、充分分かってるから、ONとOFFつけたくて。

2015/10/21 (Wed) 10:28 | とめちゃん | 編集 | 返信

Re: 公共の交通

たけのこさん、こんばんは。

いつもほんとうにどうもありがとうございます。

> やっぱり、心配なところはありますよねー。
> 昔よく、路面電車に乗っていったな、ばあちゃんのところ。
> 実は実家はコミュニティバスの停留所に近いの。
> 小学生になったら、一人チャレンジさせてみよう。

とにかく時間のかかる子たちですからね。
少しずつ、公共機関は、使わせた体験は、積んだほうがいいよ。

中、高になってから、それが必ず活きるから。

>
> 支援教育って、なんでもひとくくりにするけど、世の中は複雑になるし、障害の種類はさまざま。受け入れてもらえてないなと感じることは多いよ。
> 少しでも自分でできることを増やしてあげたいし、自信をもたせてやりたいなあ。
> 息子、縄跳びチャレンジ、先生に見てもらうのは二回しかできなかったけど、いままで、見てもらうことさえできなかったので、じぶんからみてもらえたことに拍手。

ほんとうだよね。

息子さん、がんばったね。そういうことのきっと、積み重ね。凄く大事。(^-^)
それが必ず、小学生になったとき、活きると思うよ。

2015/10/21 (Wed) 23:34 | みかん | 編集 | 返信

Re: 大丈夫^_^

とめちゃんさん、こんばんは。

いつも ほんとうにどうもありがとう。


> ついに…
> いよいよって感じなのかな。
>
> 個人的な見解だけど、
> ちーちゃんと相談して決めた事ならば、ひとりっ子だろうがスッとできると思います。
> なぜならば、それまでに、いーっぱいみかんさんからの愛情をたっぷり受けてるから。
> だから、いざやろう!と決めた事には頑張れる。
> もし不安になりかけても、その時はいつでもみかんさんがいるから大丈夫、と思えると、私は確信しています^ ^

有言実行しますよ。

これから先のことを考えると、今。一人で、公共の機関を使えるということは、大切なのではないかと、思う。

だからこそ。


チャレンジさせているのに、本人には、それが。
何故なのか。

意図が伝わっていない。もどかしさは、ありますね。

でも、本人は頑張るといっています。


> ちなみに私も放課後ディは利用していません。
> 確かに誘われたりもしましたが、ウチの場合は、日々学校でちょい背伸びしながら頑張ってるの、充分分かってるから、ONとOFFつけたくて。


これも善し、悪しですよね。

私もずっと迷ってる。

中学生になったら、利用すべきか。


ディで、やっていることも、何かが、違う気がします。

絵画教室を終わったら、通う予定で、考えていましたが、とめちゃんの仰るように、成長に応じて受けない、受ける。のを決めるのも、親ですね。

2015/10/22 (Thu) 00:24 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック