2012_06
27
(Wed)23:56

お前ら、障害者だろ!

娘をSBのバス停で引き取り、いつものように地域の子供達が利用する通学路を通った時のこと。

タイトルにあげた事を、娘と同学年か、一つ上?
かの男の子が、横断歩道を渡った3人組(女の子2人、男の子1人。)に大声で言っていました。

この3人の子供達は、今年から出来た支援級に通う子供達だろう。(娘が副籍でお世話になっている、健常だったら通う学内の小学校にある。)

・・こういう、心ない発言する子。

多いですね。

先生達と親御さんの両方で、ハンディを抱える子に対しての、説明と理解が不十分。
なのだと思う。

解って言ってる?
彼の言い方。そんな感じの印象。

少なくとも、自分と同じ健常かそうではないか?の、区別は出来ているようでしたね。

支援級に通うお子さん達の場合、在籍クラスが常に2クラス。
交流クラスの子供達に、"自分のこと"を、どれだけ上手く、説明出来ているか?

学校内に、支援級が出来、そこに1年生から6年生まで、ハンディを抱える子供達が通ってくる。
ということ。解ってる?

彼が言ってた発言、聞いて私にはきちんと把握しているように聞こえた。解ってて、障害者という言葉を使ったのだろう。

ましてや低学年ならまだしも、3年生以上になると、世の中のこと、自分の周囲で起こっていること、等、様々な事が本人なりに解ってくる年頃だ。

面白おかしく、こんな風に安易に言ってしまう、という事が、いくら学校生活を送る小学生でも、許されないというか、良くない事だと思う。少なくとも、良い、悪いで言えば、悪いほう。

理解啓発運動をする。それも地道な。

・・そうすることにより、少なくとも、こんな心ない事を言う子は、いなくなるかも知れません。

先生、親御さん達と、生徒、通う当事者の本人と皆で、障害の事について。

考え、互いに配慮しあう心を持つことを学ぶ、場を作ってあげる。


それが、出来るの。
普通の子たちが通う、小学校の中にある支援級だからこそ、出来る事、だと思う。

行ったり来たりする事だけでなく、"障害"について。

普通級に通う子供達が、意識して、学び考える、考えさせられるように、普段から図って、交流を行う。

そうすれば、冒頭のような事を、言う子供達は、いなくなるんじゃないかなあ。

たまたま、遭遇し聞いた事とはいえ、聞く方としては、やはりあまり良い気分というか、印象は持たない。
ですよね。

支援学校は、それがないから、独自の制度を作り、交流を図っています。

敢えて作らなくても、意識して作れる場にあるのだから、もっと学校や親御さん、子など地域の方々に、障害についての理解と考える場を設ける。

ということに、その利点を最大限に活かして欲しい。

そうしなきゃ、将来あとから同じ道を選択するであろう、子供達に、門が開けないでしょう。

それでなくても、ハンデイを抱える大人も子供も、今の世には生きにくさを感じてる。


ハンディがあっても、なくても、そう感じない。グローバルな国であること。
それこそ、本当の意味での万国共通。・・だと思います。


頑張る私に力を下さい。応援ポチッ、一つ! お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

多かれ、少なから、どこにでもいますね、そういうの。
子供であれ、大人であれ。
一流企業であれ。。。
います。
世の中って、そういうものだと。。。
ただ、それに負けない力を持って欲しいですね。

2012/06/28 (Thu) 22:18 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: きちんと大人が見せて、諭すこと。

HANG ZEROさま、こんばんは。

> 多かれ、少なから、どこにでもいますね、そういうの。
> 子供であれ、大人であれ。
> 一流企業であれ。。。
> います。
> 世の中って、そういうものだと。。。
> ただ、それに負けない力を持って欲しいですね。

そうですよね。
大人になっても、偏見の目で、この子のように、同じようなことを言う方は、確かにいます。
だから、その言葉に屈しない負けない力を付ける。

本人も「何くそ~!」って頑張る原動力になるだろうから、ゆくゆくは娘にもその力を持ってほしい。

ただ、子供の場合、決してこのままにしていては、いけない気がするんです。
自分とは、少し違ってる。でも、同じ心を持ち、泣いたり、笑ったり、皆と同じように、生きている。

それを子供のうちから、折りに触れて学んで欲しいなって、思うんですよね。

それには、大人が見せて、声かけして、「何で自分とは違う少しのハンディキャップを抱える人たち」がいるのか、諭すこと。

・・必要な気がします。

じゃないと、こういう声かけをする子供達が、大人になってからまた同じ事をいうんじゃないか?
と多少なりとも、感じてしまいますね。

これこそ、私の穿った見方なのでしょうけれど・・。

2012/06/28 (Thu) 23:45 | chi7ta | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック