For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

アイカツ! ミュージックアワード、みんなでSHOWをもらっちゃいましょう!

DSC05055.jpg


・・を観に、いつもの映画館へ行って来ました。

今回も障害者割引で、二人で2000円。
8月20日が公開なので、ずいぶん時間が経過しているから、大丈夫だろうと思ったら、
なかなかどうして。

スクリーンを前にして、観やすい中央エリアは、ほぼ埋まっていました。

放送中のアニメで流れるアイドルたちの、歌うシーンが流れる。というのが主の映画なのに、どう見ても、30代?とおぼしき成人女性が二人。私と娘の座る席の隣に座っていました。

席を見つけて、座ろうとした時に、既に席に座られていて、私は少し、何とも言えない違和感を感じ、戸惑ってしまった。

子供に親が付き添って観に来ている。
というのは解るんです。

そうじゃなくて、大人二人。まさか、子供の代わりに観に来ているのか?
だけど、そうじゃなさそう。

キャラクターのことや、いきさつを、隣の女性は、もう一人の女性に、詳しく説明してた。(^^:)
聞きたくなくても、隣ですから。聞こえちゃうのね。(苦笑)

何もアイカツ!に限ったことではなくて、子供たち向けに、
作られた映画やアーケード・ゲームに、成人された大人が入って、遊んだり、観たりしている。

ってこと。ここ数年、多く見かけます。数年前は、こういうことなかった。

精神年齢の低い大人が、増えているんじゃないかなあ。
ディズニーのダッフィーを大の大人が、抱いて、パークや街中を歩くとか、あれも同じこと。

好きなのは解るけれど、あそこまでやるのは、やり過ぎのような気がするよ。気持ち悪いと感じるのは、私だけの感情?

他に、男性が一人で来ていて、彼はアイドルオタク?!っぽい感じでしたね。
あとは、若いカップルも。

そりゃあ、何を観るのも個人の自由だと思いますが、もう少し成人したのなら、それに値する。という自覚を持ちませんか?
ここまで来ると、20歳で成人。という基本的な意味がなくなるんじゃないかなあ。

もしかしたら、知的には問題のない障害者の方たちが、観に来ている。ということも、そこに含まれているんじゃないかとも、思う。
それならば、その存在を指し示すようなものがあれば。

・・やはり。
良いんじゃない?

嫌がる当事者もいるかも知れませんが、大きく視野を広げれば、解ったほうが絶対、良い。
解れば、触れあう人、みんなが理解した上で、対応が出来るよ。

これからの世界は、きっとそれが必要になってくる。
昔とは、違うんだと思う。違ってきて当たり前。


作る側は、発達障害者の事まで、考えて作ってない。と思う。
きっとそれが、映画に至っては普通。

そこに考えが及ぶような優しい人たちが、増えてくれれば。
きっと変わる。

・・その優しい人が、欧米諸国に比べると、圧倒的にこの国は低いです。


話を映画に戻します。

なので、アイカツ!が好きで、彼女たちが歌う歌が好きな子供たちには、お勧めです。
親は、それに付き合って自然と観る形になるから、好き好きは分かれるかな?

それと同時に観た後は、昨年のアイカツ!の映画がまた観たくなるよ。(^-^)

それから、今回の映画パンフレット。

残念ながら、売り切れ、完売。(><)

もう封切りから、3週間は経過しているので、仕方ない。だけど、もともと準備数が少ないのかもな。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

フラワードーム

舞う花を、Wクリックしてみて。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ