For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

住友絵画コンクール、表彰式。

・・があったので、行って来ました。

sumitomo.jpg

↑娘の絵です。(サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。)

どこを見て、どんな基準で選考したのか、解りませんが、最後の年に、賞状を貰うことが出来て、本当に良かった。

その表彰状が、思いの外、立派なのに驚き。

DSC05045.jpg

この大きさなのは、優秀賞と最優秀賞だけ。

佳作、努力賞は、真ん中で半分したサイズ。

毎年、応募しているし、学校名書いてるし、学年書いているし、今回のは、主催者側の配慮?
とも、ふと思ったけれど、例えそれだとしても、表彰状はやっぱり嬉しい。

副賞で貰ったのは、水彩色鉛筆。

きちんとした画材。

DSC05046.jpg

誰かが、娘の絵を観てくれて、感想を言ってくれて、評価してくれる。
それだけで、とても有り難いです。

・・本人もとても喜びました。

表彰状は、後でちゃんと額に入れてあげようと思います。


Comment

みんな笑ってるね 

誕生日にみんな笑ってるって、幸せ。
たくさんの人に祝ってもらっていいな。
こういう笑顔、いつまでも、守りたいね。
  • posted by たけのこさん 
  • URL 
  • 2015.08/29 23:54分 
  • [Edit]

No title 

うれしいですね。
周りとの関係。。。
それがあって、社会参加ですもんね。
そこで、声をかけてくれる。
ホント、いいですよね。
あ、あらためておめでとうございます!
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2015.08/30 22:44分 
  • [Edit]

Re: みんな笑ってるね 

たけのこさん、こんばんは。

本当にいつもありがとう。v-435


> 誕生日にみんな笑ってるって、幸せ。
> たくさんの人に祝ってもらっていいな。
> こういう笑顔、いつまでも、守りたいね。


住友生命さんのほうで、記念写真までポラロイドで撮ってくれました。笑。

娘は、それが嬉しかったようです。

思いの外、ちゃんとした表彰式で。

名前呼ばれて、表彰状を授与する。出来るか心配でしたが、さすが幼稚園で、卒園生代表として、
粗品を受け取った娘。笑。

・・それを途中で、思い出した様子。

受け取り方、少しぎこちなかったです。苦笑。


こういう日常の何気ないことに、障害のあるなしが関係しない。
世の中に、なることが一番なんだよね。

皆と同じ事が出来ないから、親からは、ブーイングが出るとか。
そんなの、同じ世界で生きているのに、何故そうしているのか、貴方が解ってないじゃん。

って言いたいよね。

健常の人たちも、障害を持ち、ハンディにも負けずに生きている人たちがいる。
という事を知り、学ぶべきなんだよね。

でも、多くの人たちは、それをしないのよ。それが当たり前だと通っている今の世。

誰にでも優しい社会。
・・いつ、くるのだろう。

同じ地球に生きているのに、現実は、弱者に対して、暴力を振るう社会。
一人一人が、生きる意味を、知って考えなければ。

それは、きっとこの国の未来を、作る上で必要なこと。のような気がするよ。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.08/30 22:51分 
  • [Edit]

Re: ありがとうございます! 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。


> うれしいですね。
> 周りとの関係。。。
> それがあって、社会参加ですもんね。
> そこで、声をかけてくれる。
> ホント、いいですよね。
> あ、あらためておめでとうございます!


たまたま偶然。

相手のsちゃんが先に気が付いて。
何で?


と聞いたら、学習塾に行くからと。

彼女は、娘に障害がある。って理解した上での行動をとっているんですね。
解らなくて、暴力に出たり、相手をせず。

流されることのほうが、普段は多い。ですから、娘も顔見知りの女の子に会えて、
本当に嬉しそうでした。


これも、副籍交流で、地域小学校との交流を6年間。続けて来なかったら、なかったことだと思う。

じゃなきゃ、娘とsちゃんは、知り合うことはなかった。

だから、もっと。


そういう機会を増やすよう、親御さんたちが動けば、交流の場は、もっと変わるんじゃ?ないのかな。


やって貰って当たり前。の精神は、障害者側は捨てたほうがいい。

相手が変わる事を、待っているより自分たちから、動いて啓発運動するほうが、気づく確率は高いと思う。

どうしてって?

健常の目を持つ人たちは、みな。自分が生きるのに必死で、周囲を見る。余裕がないのでしょう。

そういう社会にしてしまっているのは、この地球に生きる人。


全て何じゃないかな。

娘の賞をきっかけに、そんなことを思いました。

だからといって。障害に寄り添ってくれる人は、ごく僅かです。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.08/30 23:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

月と星と妖精ダスト

七夕の日に、流れ星が流れます。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ