2015_08
26
(Wed)22:34

セリーヌ・ディオン、末期がんの夫に「あなたは私の腕の中で死ぬのよ」/ハフィントンポストより。

セリーヌ・ディオン、末期がんの夫に「あなたは私の腕の中で死ぬのよ」/ハフィントンポストより。

予定されていた日本公演が、中止になったのは、やはり理由があったんですね。

旦那さんのルネさんとは、かなりの年の差があって、セリーヌさんが12歳の時に、旦那さんが彼女のマネージャーに就き、それが縁で、公私ともにパートナーの関係に。

もう、かなりのご高齢だから、セリーヌさん自身も、そう長く一緒にはいられない。と心のどこかでは、ひょっとしたらご覚悟は、持っていたのかも知れません。

一度は、病状が良くなって、安定。されていました。

今回ばかりは、一縷の望みは、叶わないのかな。

私は、彼女の歌が、大好きで、彼女の歌を生きる支えとして、生きてきました。

歌の上手い人は、沢山いますが、彼女ほど、魂で歌っている人は、どれだけいるだろうか。

歌詞を上っ面だけで、歌っていない。
言葉が解らなくても、彼女が伝えようしていることが、歌を通して、伝わってくるんです。

それがあの美声に、込められてる。

歌手って、そうあるべきじゃないかな、って思うんですよね。

どの国に生まれ、その国の言語で歌っていても、他国の人が聴いたら、言葉が解らなくても、いわんとすることが解る。

それは、心で歌っているから、なのよ。
彼女は、それが出来る人。

セリーヌさんの今の、心の心情を思うと、自然に涙が出てきてしまって、言葉にならないのですが、今は、旦那さんの為に、悔いなく。

心を尽くして。

そう、出来ることを、願ってやみません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック