2015_04
17
(Fri)23:30

アルジャーノンに花束を。/TBSテレビ

アルジャーノンに花束を。/TBSテレビ

これ。原作、有名ですよね。
私、読んでないんですが、大まかなあらすじは、知っています。

ある意味、知的障害を持つ方や、その親御さんたちには、知られた小説ですから。

たぶん、近い将来。
この小説にあるようなことが、受けられるようになるかも知れませんね。

毎回、涙しながら観てます。

主演の山下智久さんの、演技。素晴らしいです。
実際に、知的障害の方たちが集まる施設に、役作りの為に、行かれてお会いになったそうですが、彼がいう、「良い子になりたいです。」

という言葉が、胸に迫るんですね。

障害の子供を産んでしまった。そうだよね、普通の子になりたいよね。

そうすれば、皆と同じになれる。

「悪い子は嫌い。」と言ったお母さんから、愛情を貰えるかも知れない。

知的障害者を、育てる側の視点として、ついつい私は観てしまいますが、それでも観るのは、これをきっかけにして。

今の日本の社会が、健常者も、障害者も、一緒に手と手を取り合って、生きて行ける社会に、変わっていく。
ことを、切に願います。

残念ながら、この国の社会も、世界中も、ハンディキャップを抱える人たちは、除外され十分に、理解されているとは、必ずしも言えません。

SNSでいいね!を押す人たちは、少なくとも、善意ある心の持ち主ですよね。そういう人たちの力で、世界を変えて。

弱者ばかりが、損をする。
どこか、どの国にも、それがあります。

この小説を書いたダニエル・キイスさんは、昨年の6月にお亡くなりになりました。まだ、記憶に新しいです。
私も、これを機会に、きちんと原作を読もうと思います。

コメント

No title

原作しか読んでないです。。。
ドラマ。。。
やってるんですね。。。
どうなのかなぁ。。。

2015/04/18 (Sat) 01:01 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 山下くん

HANGZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 原作しか読んでないです。。。
> ドラマ。。。
> やってるんですね。。。
> どうなのかなぁ。。。


山下智久さんの演技が、凄く良いですよ。
役になりきっていて、かなり好感が持てます。(^-^)

2015/04/18 (Sat) 21:23 | みかん | 編集 | 返信

私も観ています。
咲人が言った、バカは友だちになれない、おりこうさんになりたい、はリアルにかいととかぶり、辛かったです。
これから友だちと関わりをもちながら交わる楽しみをと思っているだけに。

2015/04/19 (Sun) 00:28 | とめちゃん | 編集 | 返信

Re: 何で自分はこうなのか。

とめちゃんさん、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 私も観ています。
> 咲人が言った、バカは友だちになれない、おりこうさんになりたい、はリアルにかいととかぶり、辛かったです。
> これから友だちと関わりをもちながら交わる楽しみをと思っているだけに。


何で、自分はこうなのか。

その意思から出た言葉ですよね。

本当は、本のうで解っているのに、それを言葉にする術を、障害故に解っていない。
だけなのかも知れませんね。

だから、そういう意味でも、聞いてない、解っていない。と決めつけるんじゃなく、弱者に対しても対等に、接することが、人として。

すべきことなのです。

多くの定型発達の人たちが、そういった優しさを持ち合わせて、いない。
ということが、問題なのだよ。


そこに、気が付いていない。
というこの国の人たちが、もっと良くない。

みんなが変わらなきゃ。

2015/04/19 (Sun) 23:38 | みかん | 編集 | 返信

1週間遅れですが、私も見てます。
原作もその昔、ベストセラーになったとき読みました。
その時は、自分が知的障害のある子を育てることになるとは思いもしませんでしたが。

山下くん頑張ってますね。
知的障害のある方の純粋さを、よく表現していると思います。
娘とダブるところもあって、咲人くんが可愛くて仕方ありません。

「おりこうなりたいです」というのは、娘はまだ、自分が周りの子と違うことはわかってないので、そういう感情はないですが、これから成長していくとそういうことも出てくるのかなぁとちょっと切なくなりました。

私は咲人くんのお母さんがどうしても許せなくて、テレビの前で憤ってしまいました。
お父さんは、理解があり、優しくて良かったです。

2015/04/24 (Fri) 01:01 | mineyom | 編集 | 返信

Re: 救いなのは、お父さん

mineyomさん、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございますv-435

> 1週間遅れですが、私も見てます。
> 原作もその昔、ベストセラーになったとき読みました。
> その時は、自分が知的障害のある子を育てることになるとは思いもしませんでしたが。
>
> 山下くん頑張ってますね。
> 知的障害のある方の純粋さを、よく表現していると思います。
> 娘とダブるところもあって、咲人くんが可愛くて仕方ありません。

そう、本当に上手ですよね、山下君くん。
表現力があるから、ついつい見ているだけで泣いちゃいますね。(><)


> 「おりこうなりたいです」というのは、娘はまだ、自分が周りの子と違うことはわかってないので、そういう感情はないですが、これから成長していくとそういうことも出てくるのかなぁとちょっと切なくなりました。

お母さんの、幼少期に聞いた「悪い子は嫌いよ。」という言葉が、ずっと心に刺さったまま。なのでしょうね。
だから、「おりこうになりたいです。」って、彼は、言い続けている。

これだけでもう、泣けちゃって。

>
> 私は咲人くんのお母さんがどうしても許せなくて、テレビの前で憤ってしまいました。
> お父さんは、理解があり、優しくて良かったです。

障害を受け容れられない。という母親は、多いけれど、自分の子供ではない。と言ってしまえる気持ちは、
理解出来ないですよね。
お腹を痛めて、産んだことさえ、忘れてしまうものなのでしょうか。

そのぶん、お父さんが、彼の心のよりどころになっている。
ことだけが救いですね。

2015/04/24 (Fri) 22:41 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック