2015_03
19
(Thu)23:38

障害児支援、思いにズレ 文京区の療育施設、重い子重点/朝日新聞デジタル。

障害児支援、思いにズレ 文京区の療育施設、重い子重点/朝日新聞アビタル。

これ、かつての我が市みたい。それまであった小児病院が、廃止になって、新設される府中の大きな小児病院と部門が一緒になり、跡地に、新たに障害児の為の、施設が建設されました。

そこは、主に重度のお子さんがメインで、軽度の子供たちは、基本。除外されています。

これと同じことでしょ? これは。

でもね、何となくだけど、重度のお子さんに配慮するのは、解らなくないかな?と思います。

ようは度が重すぎて、自宅で養護されている子に、配慮する。ということですよね。
母親の負担や、受け入れ先の有無などを考えると、少しでも通えるところが増えるのは、彼らにしてみたら本当に良いことです。

だから軽度の子は、保育園、幼稚園に、通う事が出来るのなら、それが望ましい。というのは、普通にそう思う感情の一つではないですかね。

通える。ということは、集団の経験を得られる。訳ですから、それだけで十分な療育になる事に、値すると思うよ。

ただ、保育園や幼稚園に通うだけでは、発達が伸びないのでは?
と不安になる気持ちを持つのは、解ります。だから、週に2~5回は、通いたいと考えるのも。

ですが。
施設側が、考える指針にもよるでしょうが、重度の子、軽度の子を、カリキュラム別に分類し、保育園、幼稚園に通えていない。というのを、優先したら良いんじゃないかと思います。

受け皿がない。ということは、刺激を受けることが出来ない。ということでしょ。

文京区が言うことも、一理あって、私は解るなと思いました。

保育園、幼稚園側が、障害について、学び、理解を示す。ようなことが出来るようになれば、この問題の多くの部分は、解決する。と思うな。

より軽度のお子さんたちを受け入れることが出来るように、保育士たちがスキルアップ。すること。
それが一番。

そうすることで、保育園、幼稚園は、障害児を受け入れることに、不安を感じず、入れることが出来、受け入れる園も、増えるんじゃないかと思う。

少なくとも、そういう努力は、必要だよ。



にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

コメント

No title

特別支援学校の先生方でも。。。
もっとお勉強すべきでは?という方も多くて。。。
むずかしい問題ですよね。。。

2015/03/21 (Sat) 00:43 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: 出前授業

HANG ZEROさま、こんばんは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 特別支援学校の先生方でも。。。
> もっとお勉強すべきでは?という方も多くて。。。
> むずかしい問題ですよね。。。

療育センターによって、差はあると思いますが、療育に通われているお子さんが在籍する幼稚園や、保育園。

にセンターの方が、出向いて、園の先生方へ、その子の障害の有無や、障害の子を相手にする場合の適切な対応方法。
などをレクチャーする出前授業も行っているセンターもあるようです。

記事にもありますが、そういうのをもっと、広めていくことも、先生たちのスキルアップに繋がる事になるんじゃないかな。

2015/03/21 (Sat) 23:51 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック