For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

障害がある日、突然、なくなったら?

障害児を育てていると、同じような障害を持ったお子さんを育てる、親御さんたちと知り合いたい。と思うのは、自然な感情ですよね。

私が、ブログを書く中で、障害児を持つ親御さんが主に、参加している、ネットのコミュティーを知ったのは、ふぁみえーるさん側から、当ブログにコメントがあって、それがきっかけで、私もコメントをするようになりました。

そのふぁみえーるさんで、自閉症が治る。と、投稿された方がいました。

何十年、何百年。と経とうとも、こういう風に、思い、考える人はいるのだと思います。

ワクチン接種のせいで、自閉症を発症したとか、アロマセラピーで、治ったとか。
そんなことで、障害が消えてなくなったら、世界には、発達障害児はいなくなってますよ。

魔法のような方法があったら、良いですね。

こういうことを信じる人たちがいることが、私には理解が出来ません。

こんなことを考える暇があるなら、お子さんの特性を理解し、その子の出来る事に、合わせた事が出来るよう、環境を整えてあげて欲しい、と思う。

後天的にやってきた障害ではないですよね、発達障害って。
少なくとも、私はそう考えています。

今後。

未来に、お腹にいる胎児の状態で、発達障害の有無を知ることが出来るような、検査が現れることを、期待。したい気持ちもありますが、それが出来ることにより、命の選別に繋がりかねない、倫理的な問題は必ず出てきますよね。

命を産む。ということは、親が一生をかけて、その子を、親亡き後、生きて行くことに、困らないように最低限のことは、してあげることだと思う。

リスクのある子を産む。というは、そういうことです。

現実。

出生前診断で、異常が解れば、9割は、産まれずに、堕胎されているのですから。
みな、それだけ定型のお子さんを望んでいる。ということですよね。

障害は嫌。という意識を、命を作る。段階で、捨てないといけないと思うな。

障害のあるなしに関わらず、生命は、尊いもの。だよ。
芽生えたら、誰にも奪う権利は、ありません。

・それが本当だと思います。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

Comment

はじめまして 

いつの時代もどんな病気でも『⚪⚪がこれで治った』という本も出ますよね
精神的に追い詰められるからか民間療法に手をだし、虐待まがいのことをする人もいました

私もそんなことをするより、その子の特性に合わせた育児や勉強法をその子と一緒に探すことの方が大切だと思います
  • posted by わびすけ 
  • URL 
  • 2015.03/20 07:22分 
  • [Edit]

Re: はじめまして 

わびすけさん、こんにちは。

こちらこそ、初めまして。

> いつの時代もどんな病気でも『⚪⚪がこれで治った』という本も出ますよね
> 精神的に追い詰められるからか民間療法に手をだし、虐待まがいのことをする人もいました
>
> 私もそんなことをするより、その子の特性に合わせた育児や勉強法をその子と一緒に探すことの方が大切だと思います

本当ですよね。

これをすれば、治った。なんて、まるで宗教っぽい話ですよね。
こういうことをやって、治るんだったら、苦労なんてしなかった。(^^:

また、遊びに来て下さいね。

コメント、本当にどうもありがとうございました。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.03/20 16:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ