For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

豊中の不明男児、池で発見 死亡を確認、過って転落か/朝日新聞デジタルより。

豊中の不明男児、池で発見 死亡を確認、過って転落か。 / 朝日新聞デジタルより。


彼は発達障害児なんですよね。週に一度、今回の療育センターを利用?
していた中で起こったもの?

らしい。

今回の報道を見聞きして、思い感じたこと。

まず1。

運が悪かった。

鍵を開けて、出て行ったことが、本人の意思。だったとしても、それに気が付いて、
施設側が気が付く。べきだったと思う。

で、2。

あくまでも本人の意思、による?

出たいと思って出た?のか。


鍵の開け方を、知っていたことは確か。
施設の方の、目を盗んで出たのだとしても、出てしまえば、手は行き届かない。

起こるべきして、起こった。
・・じゃないかと、私が思うのは、後者だな。


施設と親で、徹底して、「意味なく、開けてはいけない。出てはいけない。」
と根気よく、指導と一生懸命に諭すこと。を怠らないこと。

この子にとっては、これがある種の生命線。

であることの一つ。として、彼にある。
ということを、施設の方、親。ときちんと共有&連携が出来ていなかったことが、今回の事件の発端。

になってしまったのは、間違いないと思う。

簡単に開けられないように、施錠形式を、変える。という事も必要だったはず。


「開ける。」

癖というか、開ける。ことを、このお子さんは、楽しんでいたのよ。
発達障害児。こうやれば、開く。

覚えれば、俄然、面白くなる。開く理由は、本当の意味では、きっと理解が出来ていない。

定型の子たちと、視点が違うことに、行くであろうことは、常に想像出来たであろうに、意がそこに行かず。

そのまま流してしまった、親御さんたちにも、これは責任があることかも知れません。

預ける側、預かる側。両方に、それはあることは、確か。

こう起こってしまう。可能性があったことを、療育センター側も、そして親御さんも、認識は出来ていた。
責任は、きっと両方。

・・後悔、先に立たず。

ことわざ、的を得ているよ。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

Comment

 

私もみかんさんの意見に同感、かな。
男の子には根気よく伝えながら、かつ彼の中に入るまでは周りの人達が気をつけてあげないとね。
かいとの学校でも同じ支援級で他の学年の子なんだけど、スキを見つけて家のカギ開けて電車に乗りどこまでも旅をしてしまう子がいます。
結局一人では帰れなくて学校に連絡が入って分かるらしい。

きっと一人で出かける解放感とかあるのかなと思いますが、いずれにしてもまだ外出時のいろんな事が一人でできないうちはやはり気を配ることが必要だと、今回一連の悲しい出来事を通して感じました。
  • posted by とめちゃん 
  • URL 
  • 2015.03/17 08:30分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

とめちゃんさん、こんにちは。

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 私もみかんさんの意見に同感、かな。
> 男の子には根気よく伝えながら、かつ彼の中に入るまでは周りの人達が気をつけてあげないとね。
> かいとの学校でも同じ支援級で他の学年の子なんだけど、スキを見つけて家のカギ開けて電車に乗りどこまでも旅をしてしまう子がいます。
> 結局一人では帰れなくて学校に連絡が入って分かるらしい。

外に出たら危ないというより、鍵を開ける。そのことが面白いのだろうね。
そういう子は、常に目を配るというか、気を付けてみていないと駄目だよね。

でも、だからといって、ずっとみている訳にもいかない。というのもあるのは、解る。
そういう隙に、行っちゃったりするだろうな。

なかなか難しいですね。

> きっと一人で出かける解放感とかあるのかなと思いますが、いずれにしてもまだ外出時のいろんな事が一人でできないうちはやはり気を配ることが必要だと、今回一連の悲しい出来事を通して感じました。

後はとにかく、一人で簡単に開けられない鍵に、替えるべきだったね。
簡単に開けることが出来るというのも、問題かも。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.03/17 14:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ