For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

Lego ブロック。

夫が、会社関連のお友達から、少し早い誕生日プレゼント。と称して、貰ってきたレゴブロッグ。

贈った方は、夫がF1を好きなのを知り、選んだ?

のだと思いますが、レゴ。と聞きつけ娘は喜んで、作ってました。

細かいし、夫も私も、本人は絶対、作れないだろうと思ってましたが、ところが予想に反し、見事に、一人で完成させました。

素晴らしい

一人で完成させると思ってなかったので、これには驚き。

DSC04833.jpg

娘が、説明書を見ながら、作ったマクラーレンのP1という車です。

レゴは、必ずこういう説明書が付いてるんですよ。

言葉は使わず、絵だけで解説。

DSC04835.jpg

何のパーツを、次はここにはめますよ。と絵で見せてるんですね。
たぶん、これ全世界で、売っているレゴの商品、みな共通なんじゃないですか。

だから、子供の目にも大変、解り易いんだと思う。

物心ついた3歳くらいから、レゴの年齢に合った、バケツのブロッグがありますよね?
あれを、年齢に応じて、小学校入学前くらいまでだったかな。を買ってました。

(今もレゴのショップでは、子供たちに触れさせる為に、解放スペースがあったり、子供の屋内型の遊具施設には、レゴの専用のスペースがあるところもありますね。)

最初は赤のバケツ、それが青になって、小学校に入ってからは、女の子たちのお家が作れる、という四角い箱に入ったものを一つ。

で、今回のこれ。

最初は、ただ、積み上げるだけでした。

時に一緒に、やるうちに、本人も色々、それなりに形あるものを作れるようになって、きましたね。
放っておくと、ちょっとした家が出来ていたり、します。

指先を刺激する。というより、「何を作ろうかな?」という、思考に、ブロッグに触れて、遊ぶ。
ということにより、思考がよりアップ? していっている気がしますね。

脳に何かしらの、刺激を与えているのは、確か。

小さい子は、口に入れてしまう可能性があるので、ある程度、大きくなってからじゃないと、心配の危険性は、消えない。
ですけれど、何かを作る。

という喜びを得るのに、レゴは、とても良いと思います。何より手が汚れない。(^-^)
図画工作もいいけれど、あれは手が汚れるから、潔癖症のある発達障害の子供には、工作は敷居が高いよね。

ただ、一つだけ、難点が。

年齢が上がれば、上がっただけ、パーツが小さくなります。小さいので、パーツをなくしやすい。

作るとき(遊ぶ時)は、一定のエリアだけに、広げるようにするとか、なるべく広い場所の平坦なところを選んで遊ばせるほうが良いかもしれません。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みかん

Author:みかん
広汎性発達障害13才。娘の支援学校生活のこと、日々のこと、思い感じること、趣味の洋裁の事を綴るブログです。

最新記事

美的ブログパーツ

月と星と妖精ダスト

七夕の日に、流れ星が流れます。

Access Counter

あなたは

人目の訪問者です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ