2015_02
20
(Fri)16:26

今年度、最後の副籍交流

今日は、地域小学校で副籍です。

朝の会から始まって、二時限目の図工終了まで、五年一組のみんなと交流をしに行ってきました。

その後は、娘は支援学校へ行きましたが、今回の授業参加で作った作品を、早速、担任の先生に見せていました。

朝の会の時に、一番前まで出て、「一年間、どうもありがとうございました。五年一組の皆さんと、交流が出来て、楽しかったです。」

と、あらかじめ用意していた挨拶文を、ちゃんと笑顔で言えて、偉かった!と思います。

毎回、交流の度に、感じますが、S小学校の子供たちは、みんな。
元気で、伸び伸びしていて、それでいて凄く優しい子が多い。

校風がそうさせているのだと思うけれど、図工室へ移動する際も、「ちーちゃんは、前だよ。」と列に入れてくれて、図工の班も、前日に、担任の先生が話してくれていたお陰で、スムースに入れて貰っていました。

その班の子たちが、積極的に娘に話しかけてくれて、本人もそれが嬉しいのか、凄くいい顔をしてましたね。

今回、特別、みんな、気のせいか娘にはとても優しかった。最後だったからかな?

帰りも、担任の先生とクラスのお友達が、外へと通じる出入り口まで、見送りまでしてくれて、感激。

小学生での交流は、残りあと一年。
地域の子供たちと、触れあう為のこの副籍交流も、娘にとってはとても必要なことだなと改めて思う。

普段は、支援学校ですから、こうして定型発達の子供たちと、触れあえる機会は、ある意味。本当に貴重です。

今後、中学生になっても、直接交流を続けるかどうかは、来年度の副籍報告会などで、中学部で、直接交流をしている方の話を聞いたりなどして、一年かけてゆっくり考えたいと思っています。

いつになく、楽しそうな様子が見られて、親としても嬉しかったですね。

fukuseki.jpg

↑サムネイル表示です。画像クリックで大きく表示されます。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

コメント

No title

ホントのバリアフリーって、こういうことなのでしょうね。
笑顔がいっぱいなのでしょうね。
うれしいですよね。
当たり前なんですけどね。。。

2015/02/21 (Sat) 00:21 | HANG ZERO | 編集 | 返信

Re: いつになく。

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にありがとうございます。

> ホントのバリアフリーって、こういうことなのでしょうね。
> 笑顔がいっぱいなのでしょうね。
> うれしいですよね。
> 当たり前なんですけどね。。。

今回。
一人の女の子が、娘と図工の班が違うのに、授業中、しきりに娘の傍に行く子がいました。

その子なりに、娘のことを気にかけてくれているよう。

交流が終わったあと、最後にお見送りに来てくれた二人のうちのひとりが、その子でした。

もう5年生ですからね、自分達とは違う、学校に、普段は行っていて、支援学校では普段。どういうことをやっていて、子供たちはどんな風に過ごしているのか。

理解した上で、気になる子供たちも、多い。とクラス担任の先生が、おっしゃっていました。

5年生。確かに、もうそういう年齢なのかな。

2015/02/21 (Sat) 22:50 | みかん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック