For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

東京交響楽団の皆さん。

・・が、本日。演奏に来て下さいました。

感想を言いますと、まさにノーブルな世界でした。

聴いていて、あまりの感動に、ウルッときましたね。素晴らしかったです。

うちの学校、児童数が多いので、ミニ・コンサートと言っても、二回に分けて。

小、中の時は、ビゼーのカルメン、第一幕への前奏曲。

ベートーヴェンのロマンス、第二番。

3曲目は、スメタナのモルダウ。
この曲、私が中学生の時、音楽の教科書に、載ってました。

現在はどうなのかな。

そして4曲目。

演奏曲目にはない、曲を子供たちの為に、演奏して下さったのが、くるみ割人形。

私は、保護者に用意された後方の席で。娘は、児童の最前列で、観たようです。


DSC04801.jpg


だいぶ前から、東京交響楽団の皆さんは、子供を対象にしたコンサートなどを、開かれているようで、本日。
貰ったプリントにも、公演情報が出ていたので、チケットが取れないか。

みたところ、昨年秋の発売開始から、来月の公演ですからね。親子、連席で席を確保するのは、無理でした。(><;)
残念。娘の性格上、別々は、無理ですね。(><;)


こういう活動。良いですよね。東京交響楽団の皆さんは、市内の公益財団法人とパートナーシップを結んでおられて、市内から、楽器の演奏の上手なお子さんには、演奏の指導も、行っているよう。

オーケストラを間近で、観て聴く。なんてこと、そうそうありませんから、今回の演奏会は、とても有り難かったです。

東京交響楽団の皆さんも、市立小学校や中学校などには、演奏に良く行かれているようですが、特別支援学校に演奏に来られたのは、今回が初めてではないか? と思います。

我が校の子供たち、先生たち、そして保護者たちにとっても、とても貴重で有意義な時間を過ごさせて頂きました。

東京交響楽団の皆さん、そして何より、この企画を考え、実現された校長先生に、心より感謝申し上げます。

どうもありがとうございます。

本当に、素晴らしい演奏でした。(^-^)V


追伸/ それにしても良く、うちの広いとは言えないアリーナ(体育館)にフル・オーケストラが入ったと思う。いやあ、感心。

Comment

No title 

こういう企画、いいですよね。
本物は絶対に触れるべきですよね。
心に残ったでしょうね。
例え寝ちゃっても。。。です。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2015.02/13 21:42分 
  • [Edit]

Re: ハープが良かったそうです。笑 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。


> こういう企画、いいですよね。
> 本物は絶対に触れるべきですよね。
> 心に残ったでしょうね。
> 例え寝ちゃっても。。。です。

私もそう思います。

本物には、絶対に触れるべきだって。

校長先生は、そういうことをとても大事になさる方で、普段から、
子供たちに、始業式や運動会の時などに、言って聞かせていますね。

今回のは、東京都と東京都歴史文化財団が、芸術文化財団や、アートNPO等と協力して実施している、プロジェクト事業の一環で、来られたようです。

(東京交響楽団楽団員の方たちは、上記のプロジェクトの中に入るとのこと。)

そこに、校長先生が目を付けた。(笑)
真相らしいです。


大きな音に敏感な子は、耳に手を当てたり、過敏になっていたお子さんもいましたが、二部の高等部の時は、ベートーヴェンの有名な曲、交響曲第九番、「歓喜の歌」を、皆で歌ったと聞きました。
(私は今回は一部だけなので。)

後で色んな楽器があったけど、どんなのがあった?
と娘に聞いたら、ハープが良かったと言ってました。

椅子に座って、優雅に、手指を動かすのが、気になったのでしょうね。(^-^)
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.02/13 22:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ