For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

後藤さんの行動「使命感あっても蛮勇」 自民・高村氏 /朝日新聞デジタル

後藤さんの行動「使命感あっても蛮勇」 自民・高村氏 /朝日新聞デジタル

Twitterなどでは、かなり話題になっていますが、私の個人的意見と見解では、高村氏は間違ったことを、おっしゃっていないと思いました。

危険地域に行くなら、それなりの覚悟と現地の正確な情報を得、なおかつ、自分の身に危険が生じた時のことを考えて、行動せよ、と。

拘束される危険がありますよ。それでも行くのですか?と国から3回も、警告があったにも、関わらず彼は、飛んだ。

そこには、信念と使命に駆られた後藤さんが、殺害される映像。

でも、後藤さんは、拘束されて、首を切られて殺害。されるであろうことを、予測していたのだと思っているよ。
だから、殺害される時、何も声を出さなかった。んだと思うよ。

後に続くジャーナリストの方たちは、多いと思うけれど、信念だけでは、ままならないこともある。ということを、高村氏の言葉を借りるなら、肝に銘じなさい。

もし、そうなったら、国が助けてくれる。そう思う、思われるのは、構わないけれど、自分の意思で、行ったのだから、国が助けてくれなかった。と言うのは、違う問題だと。

私も、そう思いますね。

それでも、危険を承知で行くのでしょう?

自己責任でなければ、他は何という?


ジャーナリスト魂も良いけれど、命を失う可能性は、著しく大きく、現地で拘束され、殺害される可能性があります。

喜んで行きます。

貴方は、そうはっきり言えますか?

yesと言える日本人は、そういないと思う。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ