For Little

広汎性発達障害の13才の娘のこと、日々、感じ思う事、趣味の洋裁のこと等、綴るブログです。

Entries

子どもへの向精神薬処方が増加 「10年で倍」の薬も/朝日新聞デジタルより。

子どもへの向精神薬処方が増加 「10年で倍」の薬も /朝日新聞デジタルより。

大人に処方し、安全性が確認されたら、そのまま子供に処方されていると、記事には出ています。

治験は、行われていないとも。子供にも、治験はしなきゃ。合う、合わない、把握しないの?
しないのは、おかしいでしょう。

これ、普通に考えて、マズいんじゃ?
大人に合って安全が確認されたから、子供にも処方して良い。って事じゃ絶対ないでしょう。

子供に、医師が処方する薬も、この10年で倍になったそうですが、以前、私がここで書いた、子供の向精神薬。/カテゴリー、ニュース、テレビ参照。

*Linkがうまく開かない方は、"向精神薬"で検索して下さい。

のNHKの番組と記事の話が、本当なのだと云えると思う。

暴れる、暴言を吐く、朝、起きられない、眠れない、鬱状態など、行動や症状を抑える為には、ある程度の薬を飲むだけで、改善。
されるのであれば、飲むのは良いんじゃないか?とも思うけれど、飲まないで済むなら、飲まない。に超したことないと思うんですよね。

子供のうちから、向精神薬の薬漬け。なんて、大人になったら?

想像するに、それだけで私は、震えてしまう。薬がないといられないとか、依存性、高くならないかな?

小さな頃から飲んでいたら、そうなるんじゃない?

娘を授かる一年くらい前、私、一時、精神科に通院してた時期があるんですが、ハルシオンとか、眠れないと、一錠が二錠なり、三錠になり・・。とだんだん、無意識のうちに量が増えていくんです。

ある日、朝。その薬のせいで、全く起きられなくて。さすがに、これはやばい。

と思って、その日を境に、通うのをやめよう。と、次に先生のところに診察に行った際、相談して通院を止め、今に至ります。
当時は、子供が欲しくて、なかなか出来ないことに、心を痛めていて、それが気持ちを不安定にさせていたんですね。

先生と話すことで、自分が何故、鬱ぎがちなのか。そこに通じる理由が、上記のこと。だと解り始めていたことも、薬と通院をやめられたことに繋がったかも知れません。

その後、止めたら、途端に、娘を授かったので、今思うと、あのとき、薬を止めずに、続けて飲んでいたら、私は自分の子を、手に抱くことは、なかったと思います。

気持ちの持ちようで、いくらかは変わる。ということはあると思う。

薬に頼らないでいられるなら、本当に、それほど良いことはないですよ。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

Comment

No title 

薬に頼る。。。
最近、風邪でも。。。
何も考えずに。。。ですよね。
いや、タミフルの件とかね。。。
同じことだと思うんです。。。
  • posted by HANG ZERO 
  • URL 
  • 2015.01/26 22:16分 
  • [Edit]

Re: 怖いですよね。 

HANG ZEROさま、こんばんは!

いつも本当にどうもありがとうございます。

> 薬に頼る。。。
> 最近、風邪でも。。。
> 何も考えずに。。。ですよね。
> いや、タミフルの件とかね。。。
> 同じことだと思うんです。。。

服用することで、どういった症状が抑えられ、副作用があらわれるのか。

そういうことは、きちんと理解した上で、服用しないといけませんよね。

大人がまだ飲むなら、良いですが、小さな子供にまで、処方されている。
ああそうですか。

と、とても思えず、良いことですね。と、言えませんね。
それぐらい、これって、大変なことだと思う。

子供に向精神薬。必ずも、良いこと。とは、言えないですよね。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.01/26 23:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ