2014_12
02
(Tue)23:32

地域小学校で副籍、カルビースナック・スクール。

今日は、副籍で、地域小学校に出向きました。

二学期に入り、二度目の交流です。

今回は、ポテトチップスで有名な、カルビーの方が来て、子供たちに、お菓子の食べ方などをレクチャーしてくれるという、特別授業。
最近は、企業側も、地域活動の一環の一つとして、こういった活動をされている企業も、多いようですね。

カルビースナック・スクール。

地域小学校のPTAの親御さんたちが、約一年前から、企画&準備をされて、子供たちの為に、考えたことだそう。

障害の子が通う学校でも、普通の小学校でも、「子供たちの為に。」

PTAが動いて、考える。というのは、本当に同じですね。それがないと、大切と思う事は伝わらないし、子供たちも、知る。
ということはないですからね。

娘と同年齢の子供たちが、一回に食べて良い。とさせるおやつのカロリーは、200キロカロリー。(ポテチの一番小さいサイズ一袋)

それを超えるお菓子を食べた時、(400キロカロリーの場合)オーバーした200キロカロリーを、運動して消費。するにはどれくらいの時間が掛かるのか、予想。

縄跳び、腹筋、ドッヂボール、キャッチボール。

どれか解りますか?

答えは、縄跳び、35分。腹筋、35分。ドッヂボール、60分、キャッチボール、110分です。
これだけ運動して、消費しないと、健康に良くないですよ。

と子供たちに、啓発とともに、説いて回ったりしてくれるそうですね、カルビーさん。

最後。

実験に使ったボールいっぱいに入ったポテトチップスを、皆で食べて良いよ。と先生たちが、子供たちに言った際。
・・・子供たちが、なんといい顔!したことか。(笑)

多く食べ過ぎる傾向にある娘にとっては、今回の体験は、とても意義があり、新鮮だったよう。

誘って頂いた地域小学校の皆さんに、心より感謝致します。そういう協力があってこそ、成り立つ授業なのだなと、心より思いました。


にほんブログ村のランキングに参加しています。ご訪問のついでに、宜しければ押していって下さい。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック